Select your language: EN JP

バイオベース中間体:2019年度アップデート

エグゼクティブサマリー

新報告書では24の中間体を対象に評価、当該分野における事業機会と課題を特定

Bio-based Intermediate Chemicals 2019 Update report image

ラックスリサーチは、新しい報告書『Bio-based Intermediate Chemicals 2019 Update(バイオベース中間体:2019年度アップデート版)』にて、24の中間体を評価し、生産技術と市場ポテンシャルに基づいて今後最も採用増加の可能性が高い中間体を特定し、原油価格以外の要因も含めたバイオベースの化学品の事業機会のシナリオを提示しました。

当初、原油価格の高騰が主な要因となりバイオベースの中間体への関心が高まりましたが、原油価格以外にも同市場の成長および導入増加を促す要因が存在します。石油の揮発性、石油ベースの商品に対する消費者のマイナスイメージ、およびバイオエコノミーを支援する地域政策などが例に挙げられます。