Select your language: EN JP

ブログ

注目すべき技術やイノベーショントレンドに関するアナリストの見解を提供

アナリストディベート:水素経済① 水素経済に関する主要な質問

水素経済とはどのようなものか、そしてそこへ到達するためにはどのようなことが必要となるかについて、5つのブログを通して、ラックスリサーチのアナリストの見解を紹介したいと思います。この記事はシリーズの1回目の記事になります。

植物性たんぱく質市場における主要企業

このブログ記事では、ますます注目が高まる植物性たんぱく質分野における主要企業を取り上げました。

ループ・ザ・ループ・エコノミーはサーキュラーエコノミーよりも優れた選択肢?

このブログ記事は、システム全体のインプットとアウトプットを考え、再利用材料をより安易に製造可能な他の製品製造に利用する「ループ・ザ・ループ」エコノミーの方がシステム全体でのインプット削減につながる、という、ラックスリサーチの見解を紹介しています。

年次技術予測:2021年に注目すべき主要技術とそのユースケース

このブログ記事では、ラックスリサーチによる年次技術予測、「Foresight 2021」について取り上げた技術から3つを選び、ユースケース例を簡単に紹介しました。その他技術も取り上げたホワイトペーパーもこちらからダウンロードしていただけます。

昆虫タンパク質市場動向

ますます注目が高まるものの概況の把握が難しい昆虫たんぱく質市場動向ですが、このブログ記事では、どのような昆虫が検討できるかについて簡単にまとめ、それら昆虫の生産を手がける主要企業を紹介しています。

特許動向:船舶の脱炭素技術

このブログ記事は、ラックスリサーチによる航空部門での電化トレンド分析を紹介し、なぜこの分野はスタートアップが牽引していくかについて見解をまとめ、紹介しています。

年次技術予測:2021年に注目すべき主要技術

このブログ記事は、ラックスリサーチによる年次技術予測、「Foresight 2021」について取り上げ、どのようにこれら技術が選択されてランキングにまとめられているかを簡単にご説明しています。

航空部門の電化競争ではスタートアップ企業の勝算が高い

このブログ記事は、ラックスリサーチによる航空部門での電化トレンド分析を紹介し、なぜこの分野はスタートアップが牽引していくかについて見解をまとめ、紹介しています。

3Dプリンター市場で「カネの集まるところへ滑り込む」には

このブログ記事は、3Dプリンター市場の成熟化は、コンピューター市場で起きたような垂直統合型の事業モデルから水平統合型への移行につながると指摘しており、同市場への参入企業は将来的に収益が集まる分野を理解しておくことが重要であるというラックスリサーチの見解を紹介しています。

マテリアルズインフォマティクス:スタートアップとの協業を選ぶか、あるいは自社開発を目指すべきか

このブログ記事は、マテリアルインフォマティクスを活用する際に、スタートアップ企業との協業を検討すべきか、あるいは自社に人材を抱えるべきかお悩みの方に向け、それぞれの有利な点や弱点を取り上げ、ラックスリサーチによるリコメンデーションを提供しています。

植物性たんぱく質の加工・製剤技術

このブログ記事では、ますます注目が高まる植物性たんぱく質分野にて、動物肉との知覚パリティを目指す企業が検討可能な技術を取り上げ紹介しています。ただし、一つの技術で主要な3つの知覚分野である風味、質感、色に対応することは難しいのが現状です。

Covid-19後のデジタルトランスフォメーション:企業が問うべき8つの質問

このブログ記事は、Covid-19後にデジタルトランスフォメーションを推進していく企業が問うべき8つの質問を取り上げました。

砂糖削減分野における主要な動向と事業機会

ラックスリサーチは、砂糖削減の分野をこれまで綿密に取り上げてきました。このブログでは、過去2年間の主要な動向に焦点を当て、注目すべき取り組みの一部と、代替甘味料に関連する事業機会について概説します。

2035年時点で新車販売数の半分は電気自動車が占めることに

このブログ記事では、電気自動車は明らかに市場拡大の転換点に差し掛かっており、2035年時点では新車販売台数の半数が電気自動車となるというラックスリサーチの予測を紹介しています。

石油貿易の代替としての再生可能エネルギー貿易

このブログ記事は、世界の石油貿易に取って代わるような、再生可能エネルギー貿易の必要性について言及しています。『世界のエネルギー貿易の脱炭素化』を取り上げたレポートのエグゼクティブサマリーもダウンロードできます。

COVID-19対策の最前線で活躍する抗菌塗料

このブログでは、抗菌塗料および抗菌添加物に関する技術をリストアップ、分類しつつ、こうした技術のCOVID-19に関連する主要な課題を詳細に考察し、将来的な市場機会を掘り下げました。

世界は石油を使わずに必要な化学品を製造することができるか?

このブログ記事では、石化原料への依存度が高い工業プロセスの脱炭素化について取り上げ、パワー・トゥ・ケミカル技術による化学品製造の電気化の可能性について取り上げています。

ポストコロナ戦略にてロボットを活用し成果を出すには

ポストコロナ戦略において重視されているロボット導入や自動化ですが、このブログ記事では、その際に検討すべき点についてまとめました。

不安定な事業環境下でのイノベーション:ステージゲート法にアジャイルを取り入れる

このブログ記事では、 技術イノベーション管理で頻繁に活用されているステージゲート法にアジャイルのアプローチを取り入れることで、事業環境が不明瞭な中においても技術イノベーションに柔軟に取り組むことができる点を取り上げました。

製造業においてデジタル技術がサーキュラーエコノミーを促進できる6分野とは

このブログでは、新しいデジタル技術を活用することでサーキュラーエコノミー(循環経済)を実現する6つの方法について考察します。

COVID-19後に自動運転車の普及は加速する見込み

このブログ記事は、パンデミックが自動運転車市場へ与える影響について取り上げています。現時点で長期的影響を把握するのは難しいものの、医療品の輸送や医療関係者のサポートなどにおける活用は、自動運転車の利点を実証するという重要なタスクにおいて、非常に効果的であると言えるでしょう。

イングリディエント・インフォマティクスは食品開発にいかに革命をもたらしうるか

このブログ記事では、どのようなウィークシグナルから「イングリディエント・インフォマティクス」というコンセプトが生まれたか、そしてイングリディエント・インフォマティクスが消費財メーカーの食品・飲料品の新商品開発をどのように、そしてどのタイミングで影響を与えていくことになるかについて取り上げました。

次世代の自動検査システムを牽引する要因とは?

自動検査システム(AIS)という用語は何十年も前からある言葉ですが、近年になって自動検査への関心が高まりを見せています。本ブログ記事では、さまざまなタイプのAISについて取り上げ、AISの普及を促進する主な技術的要因と市場要因を特定します。

自然言語処理:イノベーションを促進するAIツールとして今後活用が進む見込み

このブログ記事では、イノベーション分野の先端企業は、最大限の効果を生み出すために、AIをどのようにデータ抽出・活用に活かせるかについて取り上げています。

デジタルバイオマーカーとは?

このブログ記事は、デジタルバイオマーカーについて取り上げ、その特徴や取り入れられることで期待される効果などを簡単にまとめています。

フレキシブル生産システム(FMS)とインダストリー4.0との組み合わせはマスカスタマイゼーションをさらに進化させる

このブログ記事では、マスカスタマイゼーションの実現に向けて、FMSとインダストリー4.0テクノロジーの一体化を進める企業が増えている点を取り上げ、インダストリー4.0におけるフレキシブル生産システムの位置づけや、FMS を今後どのように改善していけるかについてまとめました。

2020年のAI(人工知能)動向予測

このブログ記事では、AI市場における6つの主要トレンドを取り上げ、2020年の予測を行いました。

エネルギートランジションは次章へ:新たな4つのストーリーライン

このブログ記事は、ラックスリサーチが注目する、エネルギートランジションにおける4つのストーリーラインを取り上げ、どのようなポイントに注目すべきかまとめました。

海産物の今後

現在、水産食品業界で最も期待されているイノベーションとして、①魚粉以外の養殖飼料、そして②魚介を一切必要としない合成海産物の製造、という2分野があります。このブログ記事では、水産養殖産業でどのように代替たんぱく質の利用が行われ始めているかについて取り上げました。

2035年に向け、再生可能エネルギー普及はいつ、どこで壁を突破するか

再生可能エネルギーの世界的な普及率は今後15年以内に40%を超えることはもはや間違いなく、今や問題はそのような高い普及率が、どれぐらい早く、どの地域で実現されるかという点にあります。このブログではラックスリサーチによる再生可能エネルギー普及予測を紹介します。

サステイナビリティは今後化学品産業に変化をもたらすか

このブログ記事では、化学品・材料産業に実際に変化をもたらす要因は何か?それはどのような変化なのか?という問いに対するラックスリサーチの見解を紹介しています。

マテリアルズインフォマティクスで最も熱い調査分野とは

このブログ記事では、どの材料がマテリアルインフォマティクスに関する研究開発を牽引しており、どの企業や研究機関がその分野をリードしているのかを取り上げました。

コネクテッドカーの進化

このブログ記事は、ラックスリサーチによるコネクテッドカー分野の複雑なエコシステムおよび主要プレーヤーの分析を紹介し、事業機会や乗り越えるべき課題を紹介しています。

プラスチック再利用技術:短期的には支配的技術は存在せず

昨今、プラスチックの再利用へのニーズは高まっており、既存技術に加え、今後、先端技術の活用増加が予想されます。ラックスリサーチの調べでは、主要な先端プラスチック再利用技術(メカニカルリサイクル、解重合、熱分解、溶媒ベースのリサイクル)において短期的には支配的となる技術は存在しないことがわかりました。

未来の肉は・・・たんぱく質

最近、植物たんぱく質が肉の代替品にとして話題を独占していますが、肉の将来についてはもっと語るべきことがあります。このブログ記事では、代替たんぱく質は「代替」という名を捨て、今後は、多様化した未来のたんぱく質となる方向で進んでいることを認識する時期がきたと指摘しています。