Select your language: EN JP

ブログ

注目すべき技術やイノベーショントレンドに関するアナリストの見解を提供

オンデマンドウェビナー:食品・飲料業界の成長を促す主要な技術イノベーション

本ブログでは、2021年7月に開催されたラックスリサーチのウェビナー、『Top Technology Innovations Driving Growth in the Food and Beverage Industry (食品・飲料業界の成長を促す主要な技術イノベーション)』の主なポイントを紹介しています。

ケーススタディ:電子廃棄物処理企業TESはM&Aにて電池リサイクルに参入

本ブログでは、電子廃棄物処理企業であるTESによる電池の再利用市場への参入をケーススタディにまとめ、ユースケースと同市場へのインパクトについてラックスリサーチの見解をまとめました。

アパレル業界における再利用による価値の回復

本ブログでは、昨今関心が高まっている衣服のリユースにアパレル業界の企業がどのように関与できるかについて取り上げました。ラックスリサーチは、ブランドの関与とリユース市場の確立は、繊維リサイクル実現への重大なステップであると指摘しています。

ラックスリサーチのサステイナブル・イノベーション・モデル

本ブログでは、多分野に渡るイノベーションが可能であるサステイナビリティへの取り組みにおいて、企業のイノベーションリーダーが戦略や技術ロードマップ策定において注目すべき3つの主要な分野を取り上げた『ラックス・サステイナブル・イノベーション・モデル』を紹介しました。

Eコマースおよびコンシューマーエンゲージメントにおける3D戦略:「なぜ」、「どこで」、「どのように」、そして「誰が」を理解する

このブログでは、Eコマースやコンシューマーエンゲージメントにおいて、なぜ、どこで、どのように、どのような企業がARベースの3Dコンテンツを活用すべきかを考察するとともに、企業の製品開発および戦略にARの台頭がどのように影響するかについて検討したいと思います。

ラックス・エグゼクティブ・サミット2021開催のご案内

ラックスリサーチは来る2021年10月7日〜8日に、年次会合、『ラックス・エグゼクティブ・サミット2021』を開催します。17回目の開催となる今年のイベントは、『Driving Growth Through Sustainable Innovation』をテーマとしたプログラムを準備しており、製造業、食品、消費財、エネルギーなどの広い産業分野のイノベーションコミュニティが集まり、持続可能性(サステイナビリティ)や気候変動がイノベーション機会とつながるかについて意見交換を行う場を提供いたします。

Sensor as a Serviceで失敗しないために知っておくべきこと

ラックスリサーチの調べでは、80%以上の産業用IoTベンダーがSensor as a Serviceビジネスモデルに関心を示す中、本ブログでは、基本に立ち返り、 Sensor as a ServiceがはたしてすべてのIoTセンサーベンダーに適したビジネスモデルなのか考察したいと思います。

水素燃料補給の収益性という問題

燃料電池電気自動車(FCEV)は、長い間、未来のパワートレインと考えられてきました。しかしながら、今日、バッテリー式電気パワートレインは、モビリティ部門での排出量削減に向け、燃料電池に取って代わっているのが現状です。 モビリティ分野において燃料電池車の導入が不足している主な理由はインフラストラクチャです。そこで、本ブログでは、水素燃料ステーション運用の経済性について取り上げました。

熱分解におけるジレンマ:廃棄物調達は既存廃プラスチック市場にとどめるべきか、あるいは他の調達経路に活路を見出すべきか

プラスチックのリサイクルにあたり、熱分解処理の拡大を目指す際、廃棄物調達における規模確保という課題が生じます。本ブログでは、その際に廃棄物管理枠外における廃プラスチック調達としてどのようなものが考えられるかについて取り上げました。

屋内環境の空気除菌技術

本ブログでは、屋内除菌分野で最も将来性のある3つの技術(双極性イオン化、UV-C殺菌、低温プラズマ)について、基礎となる技術や長所・短所、主要ベンダーを考察します。

オンデマンドウェビナー:化学品・材料産業の脱炭素化における技術トレンド

本ブログでは、2021年6月に開催されたラックスリサーチのウェビナー、『How to Keep Your Piece of the Energy Pie (エネルギー市場の取り分を確保し維持するには)』の主なポイントを紹介しています。

完全自動化製造(ライトアウトマニュファクチャリング)は未だ夢物語か?それとも実現は近づいているのか?

完全自動化製造は決して新しいコンセプトではありませんが、ここ数年、様々な理由を背景に、取り組みへの機運が高まっています。しかし追い風が吹く一方、普及に向けた障壁も依然として残っています。本ブログでは、完全自動化製造の推進要因および阻害要因について、そのタイプや重要性を考察します。

ケーススタディ:デジタルヘルス分野でバーチャルアシスタントを利用し付加価値を提供する

本ブログでは、デジタルヘルス分野でバーチャルアシスタントを利用し付加価値を提供する例として、Ada Healthを取り上げ、そのユースケースとビジネスインパクトをまとめました。デジタルヘルス分野に関心がある企業はVAを活用して独自のサービスとペアリングまたは追加する方法を検討する必要があるとラックスリサーチは指摘しています。

電力分野におけるベンチャー投資動向:2020年版アップデート

本ブログでは、2020年の電力会社によるVC投資の分析から見えてきた主な傾向や世界中の電力会社の関心領域、および今後大きな変化がもたらされうる分野をまとめました。

ケーススタディ:Uberプラットフォームの電化のカギとは

本ブログでは、Uberによる自社プラットフォームの電化への取り組みについてユースケースとビジネスインパクトをまとめました。同社がバッテリースワップを導入するかどうかに注目すべきとラックスリサーチは指摘しています。

デジタルヘルスにおけるサイバーセキュリティの遅れ

本ブログでは、デジタルヘルス分野におけるサイバーセキュリティを取り上げました。デジタルヘルス分野ではサイバーセキュリティへの対応が遅れていますが、脆弱性がどのように顕在化するかを認識し、どのような攻撃を受ける可能性があるかを特定するとともに、そうした脆弱性に対しては即刻修正を行うことが非常に重要です。

ケーススタディ:女性向けヘルスケアサービスでデジタルマーケットプレイスモデルを活用し付加価値を提供する

本ブログでは、デジタルヘルス分野で女性向けヘルスケアサービスをターゲットとしマーケットプレイスモデルを利用する例として、Nabta Healthを取り上げ、そのユースケースとビジネスインパクトをまとめました。ウェルネス製品を開発する消費財メーカーは、特に新興市場において、自社の製品がこれらのヘルス分野に特化したデジタルマーケットプレイスとどのように組み合わせることができるか検討する必要があります。

持続可能な材料とソリューション:経路依存性をどこまで懸念すべきか?

本ブログでは、持続可能な材料を提供する際に経路依存性をどのように考えるべきかについてラックスリサーチの見解を提供しています。理論上の未来における理想を夢見るよりも、今日改善をもたらすソリューションを追求することは理にかなっています。ただし、現在のソリューションが将来的なイノベーションの導入を阻害する危険性を回避すべく、ステークホルダーは持続可能性と経路依存性について十分考える必要があります。

COVID-19により悪化した不健全な医療システムが患う諸問題と、COVID-19の後遺症が指し示すその処方箋

昨年、ラックスリサーチは、パンデミック後も残るであろう投資を検討すべき医療分野の技術として遠隔医療、デジタルセラピューティクス、 デジタルバイオマーカーを取り上げましたが、本ブログは、これら技術は長引くCOVID-19の後遺症への対応にも活用が可能であり、今後も継続して注目されると指摘しています。

水産養殖におけるイノベーション動向と主要企業

このブログでは、水産養殖イノベーションの新たなトレンドや主要な開発者を特定・分析し、この分野にどのように参加することが可能かについてラックスリサーチの見解を提供します。

培養肉市場における規制動向【インフォグラフィック】

このブログ記事では、2016年以降、8億ドルの投資が行われた培養肉市場における規制動向をまとめました。培養肉がマス向けの市場へと成長するためには、人口の大きな国においても規制的障壁が撤廃される必要があるとラックスリサーチは指摘しています。

オンデマンドウェビナー:エネルギー市場における取り分を確保し維持するには

本ブログでは、2021年6月に開催されたラックスリサーチのウェビナー、『How to Keep Your Piece of the Energy Pie (エネルギー市場の取り分を確保し維持するには)』の主なポイントを紹介しています。

クローズド・ループ・エンジニアリング向けデジタルツイン:3つの主要ポイントと今後

デジタルツインは製品のライフサイクルにおいて部分的に活用されることが多いものの、本ブログ記事で、ラックスリサーチはライフサイクル全体を通したデジタルツインを導入することで、3つの明確なメリットが得られると指摘しています。

EUのプラスチック税はプラスチック包装材料からのシフトを後押しすることに

本ブログでは、欧州連合(EU)が2021年1月1日に導入した新しいプラスチック税がもたらしうる4つの成果について取り上げました。

特許トレンド:燃料電池パワートレイン

本ブログでは、燃料電池パワートレインの各コンポーネントにおけるイノベーション動向を理解するために、燃料電池パワートレインの主要なサブシステムを横断して特許出願動向を分析しました。

Biogenのアルツハイマー病治療薬承認は議論を巻き起こす一方で新たな事業機会のヒントともなる

このブログ記事は、認知症専門家の間で議論を巻き起こしているFDAによるBiogenのアルツハイマー病(AD)治療薬の承認について、重要な問題を整理し、このニュースからどのような事業機会が考えられるかについて取り上げました。

AI技術にみる2021年の6つの新トレンド

このブログ記事では、ラックスリサーチが、今後数年間でAIの機能に重要な影響を与えると予想する6つの主要なトレンドについて取り上げています。

ポリエステルテレフタレート(PET)解重合における主要企業

この記事では、PET廃棄物の最も有望なエンド・オブ・ライフ・ソリューションであり、飲料品用ペットボトルにおける再利用内容物基準を満たすためにも不可欠であるポリエステルテレフタレート(PET)解重合の技術開発動向をまとめました。

電力グリッドニューストレンド分析:電力グリッドの未来を見据え、新技術やプロジェクトの導入が続く

本ブログでは、エネルギ分野の主要テーマである電力グリッド分野の1年間のニュースを分析し、注目のニュースの紹介や、そこから見えてきたトレンドに対するラックスリサーチの見解を紹介しています。

植物性たんぱく質分野における最近の大手企業の動きはこの分野の事業の今後において何を意味するのか

本ブログでは、3つの大手企業による植物性たんぱく質分野の取り組みを概説し、それらの動きが植物性たんぱく質市場の今後に与える影響について取り上げました。

サステイナビリティ戦略:コア事業を守りつつディスラプションを味方につける【eBook紹介】

本ブログでは、サステイナビリティ戦略を取り上げたラックスリサーチのebook、『Sustainability as Strategy and Survival(サバイバルをかけたサステイナビリティ戦略)』を紹介しています。

水分野のサーキュラーエコノミー:廃水の脱塩処理におけるイノベーション動向

本ブログでは、ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)システムの低価格化において重要である塩水高濃度化処理における新たなソリューションや超高濃度塩水から有価物を回収する新たな取り組みについて取り上げたレポートを紹介してます。

ユビキタスなコンシューマー向け拡張現実(AR)のイノベーションにおけるボトルネックとは

このブログでは、現在、コンシューマー向けAR市場の拡大の主なボトルネックとなっている、ハードウェア面での要件や地図作成上の要件について、分析を行います。

2020年のAI買収案件 282件を分析して見えてきた5つの主要トレンド

このブログでは、2020年のAI買収事案282件の分析から見えた、5つの主要なトレンドについて概説します。

蓄電池ニューストレンド分析:サプライチェーンセキュリティと製造拡大を受け、蓄電池は飛躍の年を迎える

本ブログでは、主なテーマのひとつである蓄電池について、この1年間のニュースを分析し、注目のニュースの紹介とそこから見えてきたトレンドに対するラックスリサーチの見解を紹介しています。

なぜリサイクルクレジット制度はマスバランス方式よりも優れた解決方法であると言えるのか

本ブログ記事では、プラスチック廃棄物のリサイクルに関する二つのアプローチであるマスバランス方式とリサイクルクレジット制度のそれぞれの長所と短所を取り上げ、どちらがプラスチック廃棄物に対するより優れた解決策であるかをまとめました。

皮製品の代替: 2025年時点で10億ドル市場へと成長する見込み

本ブログでは、皮製品の代替について取り上げ、代替皮革における4つのセグメントや市場規模を紹介し、この分野において事業機会を模索する企業にとってどのようなアプローチが検討できるかについてまとめました。

電気自動車の電池リサイクル動向

バッテリー式電気自動車(BEV)の売上増加を受け、リチウムイオン電池の需要は急増しています。これら電気自動車が廃車となっても、電池パック自体は依然として貴重な資産となります。電池製造にはレアメタルが不可欠である点、また廃棄物を削減したいというニーズを受け、関連各社はより多くの電池材料を生産するために電池の再利用を検討する動きを見せています。本ブログでは、電気自動車よりリサイクルされた電池が、どの程度原材料の確保という懸念に対処できるかについて取り上げています。

サステイナブル・プラスチック:2030年時点でプラスチック製造量の15%を占めることに

ラックスリサーチの新しい報告書は、従来型および先端リサイクル技術、バイオベースのプラスチック、そして代替材料が今後どのように普及しプラスチック市場に影響を与えるのか、4つのシナリオにて向こう10年間の持続可能なプラスチック市場動向を予測しています。

農業技術動向:先端収穫技術開発を担う主要企業

本ブログ記事では、先端収穫技術分野におけるイノベーション動向をまとめました。どのような作物や作付システムを対象とするかを明確にすることが成功するソリューション開発には不可欠であるとラックスリサーチは指摘しています。

CEOからデータサイエンティストまで:AIから価値を抽出するために避けるべき落とし穴とベストプラクティス

人工知能(AI)の活用には関心が集まるものの、AIの利用自体が目的となってしまうケースも多く見られます。AI活用を成功させるには、データサイエンティストからCEOまで、社内の全員が、AIで成功するためには何が必要かを知り、その結果に対して正しい期待を持つ必要があるということを意味するとラックスリサーチは指摘しています。

ピクチャーパーフェクト:2021年の化粧品産業予測

本ブログでは、化粧品産業における2021年の3つの主要テーマを取り上げ、それら分野で取り組みを行う企業を取り上げました。

お先にどうぞ:ブランドとサプライヤーの間のサステナビリティをめぐる主導権の押し付け合い

本ブログ記事では、ラックスリサーチは、消費財メーカーとサプライヤー企業というバリューチェーン両方からの情報開示による透明性の確保はサステイナブルなソリューションの利用増加を促進する上で欠かせないと指摘しています。

サステイナビリティに取り組む際に避けるべき4つのの罠:よく見られる落とし穴と代替戦略

多くの企業が持続可能性という目標に向け取り組む中、効果よりも害が結果的に多いソリューションが採用されるなどの混乱も見られます。そこで、本ブログ記事では、サステイナビリティ戦略を策定する際に避けるべき4つの罠を取り上げました。

水溶性×生分解性:バイオベースの夢の組み合わせか、あるいは悪夢か

本ブログでは、水溶性と生分解性を併せ持つ材料の事業機会について現状を掘り下げ、上市されている材料を評価するとともに、関連材料企業について取り上げました。

デジタル分野で注目すべき技術系スタートアップとは

このブログ記事では、ラックスリサーチのエネルギーリサーチチームが選んだ、2021年に注目すべきスタートアップ20社を取り上げました。

食品・農業分野で注目すべき技術系スタートアップとは

このブログ記事では、ラックスリサーチのアグリフードイノベーションリサーチチームが選んだ、2021年に食品・農業分野で注目すべき5つの技術を取り上げました。

2021年に自動車・運輸分野で注目すべき技術とは

このブログ記事では、ラックスリサーチのモビリティイノベーションリサーチチームが選んだ、2021年に自動車・運輸分野で注目すべき5つの技術を取り上げました。

2021年に食品・農業分野で注目すべき技術とは

このブログ記事では、ラックスリサーチのアグリフードイノベーションリサーチチームが選んだ、2021年に食品・農業分野で注目すべき5つの技術を取り上げました。

2020年を振り返って:2050年の食品メーカー像

ラックスリサーチのアグリフードチームは、2020年を振り返り、『2050年の食品メーカー像』というテーマにおいて、最も重要性の高い動きをまとめました。

化学品・材料分野で注目すべき技術系スタートアップ企業とは

このブログ記事では、ラックスリサーチの材料イノベーションが注目する4つのテーマと、材料イノベーションリサーチチームが選んだ2021年に注目すべき化学品・材料分野のスタートアップ企業を取り上げました。

エネルギー分野で注目すべき技術系スタートアップ20社とは

このブログ記事では、ラックスリサーチのエネルギーリサーチチームが選んだ、2021年に注目すべきスタートアップ20社を取り上げました。

アナリストディベート:水素経済⑤ 水素経済 2021年予測

5回シリーズの『アナリストディベート:水素経済』の最終回である本ブログ記事では、水素経済の予測を行いました。

2020年を振り返って:デジタルトランスフォメーションの基礎技術

このブログ記事では、ラックスリサーチのデジタル技術リサーチチームが2020年を振り返り、デジタルトランスフォメーションの基礎となる技術分野における主要な動向をまとめました。

アナリストディベート:水素経済④  水素経済の普及の牽引役となる産業とは?

5回シリーズの『アナリストディベート:水素経済』の4回目である本ブログ記事では、水素経済普及の牽引役となる産業について取り上げました。

2021年に化学品・材料業界が注目すべき技術とは

このブログ記事では、ラックスリサーチの材料イノベーションリサーチチームが選んだ、2021年に注目すべき5つの技術を取り上げました。

アナリストディベート:水素経済③ 新しい世界的なエネルギー貿易で、水素はどのように輸送されるのか?

5回シリーズの『アナリストディベート:水素経済』の3回目である本ブログ記事では、新しい世界的なエネルギー貿易で、水素はどのように輸送されるのかについて取り上げました。

2021年にエネルギー業界が注目すべき技術とは

このブログ記事では、ラックスリサーチのエネルギーリサーチチームが選んだ、2021年に注目すべきスタートアップ20社を取り上げました。

アナリストディベート:水素経済② 水素は未来のバルクエネルギーキャリアとなるのか?

『アナリストディベート:水素経済』シリーズの第2回目のこの記事では、水素は未来のバルクエネルギーキャリアとなるのだろうか?というテーマについて議論したものをまとめました。