Select your language: EN JP

ブログ

注目すべき技術やイノベーショントレンドに関するアナリストの見解を提供

ケーススタディ:デジタルヘルス分野でバーチャルアシスタントを利用し付加価値を提供する

Anshul Gupte, Research Associate

Ada Healthは最近、バーチャルアシスタント(VA)の形をとるAI主導の病状評価プラットフォームの開発を支援するために、バイエルが主導する9,000万ドルのシリーズB資金調達ラウンドを終了しました。 Ada HealthのVAは、最も可能性の高い症状のリストを提供するために、病歴や症状に関して一連の質問を行い、ユーザーを導きます。

同社のプラットフォームは、医療機関へと結果を共有し、治療オプションについてユーザーに通知することもできます。 VAは、デジタルヘルスおよびウェルネスソリューションで一般的になりつつありますが、すべてのサービスが同じように構築されているわけではありません。これらのタイプのツールの潜在的な利点を判断したい場合は、これらサービスが価値を生み出すためにそれらがどのように使用されているかを理解することが重要です。

New call-to-action

ユースケースとビジネスインパクト

デジタルヘルスにおけるVAの主な貢献の1つとして、ケアへのアクセスを拡大することができる点です。Ada HealthVAは、医療情報へのアクセス、ユーザーのトリアージ、および補完的なサービスとの連携を可能にします。 これは、患者の評価に必要な専門的な時間を大幅に削減するのに役立ちます。 調査結果によると、退役軍人省に対して行われた提案の90は実際に医者によって確認された診断と一致し、その症状の評価の50は標準的な医師の勤務時間外に行われました。 この種のトリアージにより、家庭医は年間11,000ポンドを節約することができると示されています。また、Ada Healthは、特定困難な状態も対応できるため、特に有望です。

 

#LUXTAKE(ラックスリサーチの見解)

Ada Healthは、VAを活用して臨床試験での目標達成を行なっています。 ただし、この付加価値の土台となるモデルは、デジタルヘルスおよびウェルネスの他領域においても適用可能です。 VAは、特別な監視を必要とせずに情報を整理し表示する上では効果的な媒体であり、他のデジタルツールと連携させれば、まとまりのあるプラットフォームを作成できます。VAは、コンシューマーのニーズや条件をターゲットにしたサービスや製品にユーザーを導くことで、価値を提供します。デジタルヘルス分野に関心のある企業は、VAを活用して独自のサービスとペアリングまたは追加する方法を検討する必要があります。

 

※本ブログ記事は、英文の記事を翻訳したものです。原文記事はこちらからご確認いただけます

【関連記事】

ブログ記事:BIOGENのアルツハイマー病治療薬承認は議論を巻き起こす一方で新たな事業機会のヒントともなる

ブログ記事:砂糖削減分野における主要な動向と事業機会

ブログ記事:デジタルバイオマーカーとは?