Select your language: EN JP

ブログ

注目すべき技術やイノベーショントレンドに関するアナリストの見解を提供

オンデマンドウェビナー:食品・飲料業界の成長を促す主要な技術イノベーション

本ブログでは、2021年7月に開催されたラックスリサーチのウェビナー、『Top Technology Innovations Driving Growth in the Food and Beverage Industry (食品・飲料業界の成長を促す主要な技術イノベーション)』の主なポイントを紹介しています。

ケーススタディ:電子廃棄物処理企業TESはM&Aにて電池リサイクルに参入

本ブログでは、電子廃棄物処理企業であるTESによる電池の再利用市場への参入をケーススタディにまとめ、ユースケースと同市場へのインパクトについてラックスリサーチの見解をまとめました。

アパレル業界における再利用による価値の回復

本ブログでは、昨今関心が高まっている衣服のリユースにアパレル業界の企業がどのように関与できるかについて取り上げました。ラックスリサーチは、ブランドの関与とリユース市場の確立は、繊維リサイクル実現への重大なステップであると指摘しています。

ラックスリサーチのサステイナブル・イノベーション・モデル

本ブログでは、多分野に渡るイノベーションが可能であるサステイナビリティへの取り組みにおいて、企業のイノベーションリーダーが戦略や技術ロードマップ策定において注目すべき3つの主要な分野を取り上げた『ラックス・サステイナブル・イノベーション・モデル』を紹介しました。

Eコマースおよびコンシューマーエンゲージメントにおける3D戦略:「なぜ」、「どこで」、「どのように」、そして「誰が」を理解する

このブログでは、Eコマースやコンシューマーエンゲージメントにおいて、なぜ、どこで、どのように、どのような企業がARベースの3Dコンテンツを活用すべきかを考察するとともに、企業の製品開発および戦略にARの台頭がどのように影響するかについて検討したいと思います。

ラックス・エグゼクティブ・サミット2021開催のご案内

ラックスリサーチは来る2021年10月7日〜8日に、年次会合、『ラックス・エグゼクティブ・サミット2021』を開催します。17回目の開催となる今年のイベントは、『Driving Growth Through Sustainable Innovation』をテーマとしたプログラムを準備しており、製造業、食品、消費財、エネルギーなどの広い産業分野のイノベーションコミュニティが集まり、持続可能性(サステイナビリティ)や気候変動がイノベーション機会とつながるかについて意見交換を行う場を提供いたします。

Sensor as a Serviceで失敗しないために知っておくべきこと

ラックスリサーチの調べでは、80%以上の産業用IoTベンダーがSensor as a Serviceビジネスモデルに関心を示す中、本ブログでは、基本に立ち返り、 Sensor as a ServiceがはたしてすべてのIoTセンサーベンダーに適したビジネスモデルなのか考察したいと思います。

水素燃料補給の収益性という問題

燃料電池電気自動車(FCEV)は、長い間、未来のパワートレインと考えられてきました。しかしながら、今日、バッテリー式電気パワートレインは、モビリティ部門での排出量削減に向け、燃料電池に取って代わっているのが現状です。 モビリティ分野において燃料電池車の導入が不足している主な理由はインフラストラクチャです。そこで、本ブログでは、水素燃料ステーション運用の経済性について取り上げました。

熱分解におけるジレンマ:廃棄物調達は既存廃プラスチック市場にとどめるべきか、あるいは他の調達経路に活路を見出すべきか

プラスチックのリサイクルにあたり、熱分解処理の拡大を目指す際、廃棄物調達における規模確保という課題が生じます。本ブログでは、その際に廃棄物管理枠外における廃プラスチック調達としてどのようなものが考えられるかについて取り上げました。

屋内環境の空気除菌技術

本ブログでは、屋内除菌分野で最も将来性のある3つの技術(双極性イオン化、UV-C殺菌、低温プラズマ)について、基礎となる技術や長所・短所、主要ベンダーを考察します。

オンデマンドウェビナー:化学品・材料産業の脱炭素化における技術トレンド

本ブログでは、2021年6月に開催されたラックスリサーチのウェビナー、『How to Keep Your Piece of the Energy Pie (エネルギー市場の取り分を確保し維持するには)』の主なポイントを紹介しています。

完全自動化製造(ライトアウトマニュファクチャリング)は未だ夢物語か?それとも実現は近づいているのか?

完全自動化製造は決して新しいコンセプトではありませんが、ここ数年、様々な理由を背景に、取り組みへの機運が高まっています。しかし追い風が吹く一方、普及に向けた障壁も依然として残っています。本ブログでは、完全自動化製造の推進要因および阻害要因について、そのタイプや重要性を考察します。

1