Select your language: EN JP

二酸化炭素の回収と利用:カーボンエコノミーの出現

エグゼクティブサマリー

2040年までに二酸化炭素の回収・利用は5500億ドル市場へ成長する

CO2 Capture and Utilization

気候変動に対する前例のない規模での取り組みが行われているにもかかわらず、世界的な二酸化炭素排出量は21世紀にも着実に増加しています。そこで、二酸化炭素を捕集し、封じ込め利用する二酸化炭素回収・利用する技術への関心が高まっています。

ラックスリサーチの調べによると、二酸化炭素利用の世界市場規模は、2030年時点で700億ドル、また2040年までに5500億ドルの市場価値に達する見込みです。

この市場の目覚ましい拡大を牽引するのは建設材料分野であり、2040年時点で同市場の86%を占めることになります。

ラックスリサーチのレポート、『Carbon Capture & Utilization: The Emergence go a Carbon Economy(二酸化炭素の回収と利用:カーボンエコノミーの出現)』では、二酸化炭素の回収における3つの用途、および6分野における利用に関するイノベーショントレンドを取り上げました。

レポートの一部をまとめたエグゼクティブサマリーはこちらからダウンロードしていただけます。