Select your language: EN JP

産業部門の脱炭素化

エグゼクティブサマリー

成長を維持しつつもカーボンニュートラリティを実現することが産業分野の脱炭素化の大きな課題

Lux Research - Decarbonization of Industry Report Image

産業部門は世界のCO2排出量の21%を占めており、主にセメント、製鋼、化学工業部門からの排出によって、年間9ギガトン以上のCO2を排出しています。セメント、製鋼、化学工業の脱炭素化のみでも、世界の産業排出量は半分まで削減することが可能となりますが、これら産業は長期的に成長し続けることが予測されており、増加する製品需要を満たしつつも、いかにカーボンニュートラリティを実現することができるか、という点が、産業分野における脱炭素化の大きな課題です。

産業において脱炭素化へ向けたロードマップを確立するためには、現在そして将来的に利用可能な技術を深く理解し、ますます競争の激しい市場において、より厳しくなる規制にも適切に対応すべく、準備することが必要となります。

そこで、ラックスリサーチの新しい報告書、『Decarbonization of Industry: The Path Toward Carbon Neutrality(産業部門の脱炭素化:カーボンニュートラリティへの道のり)』は、産業部門の脱炭素化技術を評価するための枠組みを紹介しました。

右のフォームを送信すると本レポートのエグゼクティブサマリーをダウンロードすることができます

エグゼクティブサマリーをダウンロードする