エネルギー貿易の脱炭素化

エグゼクティブサマリーレポート

ゼロカーボン化への取り組みは5,000億ドル規模の事業機会をもたらす

Decarbonizing the Global Energy Trade

今日の世界経済は、世界的なエネルギー貿易によって可能となっており、世界中の多くの国々は、経済成長を維持するために、石油、石炭、天然ガスの輸入に依存しています。

しかしながら、各国が非炭素化や再生可能エネルギーの採用に動く中、太陽光や風力資源には根本的な制約がある場合があり、費用効果の高い方法で再生可能エネルギーを確保することが困難であるという課題に直面しています。これらの国々が経済を成長させつつ非炭素化を達成するためには、革新的な再生可能エネルギーキャリヤーを開発し、ゼロカーボンのエネルギー・サプライチェーンを新たに構築する必要があります。

ラックスリサーチ は、新しい報告書、「Evolution of Energy Networks: Decarbonizing the Global Energy Trade(エネルギーネットワークの発展:世界のエネルギー貿易の脱炭素化)」にて、15の異なる再生可能エネルギーキャリヤーの生涯コストを評価し、資源に制約のある国がどのような形で自国の経済成長に必要な再生可能エネルギーを確保できるかについて調査しました。

レポートのエグゼクティブサマリーレポート(英文、全13ページ)は右のフォームよりダウンロード可能です。