Select your language: EN JP

化学品製造の電気化

エグゼクティブサマリー

電解技術は化石原料の代替として再生可能な電力活用による化学品製造を可能にする

Electrifying Chemicals Report Image

電解技術は、化学品メーカーのサプライチェーンを脱炭素化し、石油・ガス原料の代替として再生可能電力を利用する機会を提供します。今後も石油・ガスが化学品向け原料として支配的地位を占め続けるというのが一般的な市場予測であるものの、ラックスリサーチの新しい報告書、「Electrifying Chemicals: The Cost of Producing Chemicals from Electricity(化学品の電気化:電気から化学薬品を製造する費用)」によると、電力活用による化学品製造(パワー・トゥ・ケミカル)分野における先端技術が、特にニッチ製品部門において新たな製造ルートを提供するであろうと予測しています。

ラックスリサーチの今回の報告書において評価対象となった8つの化学品すべてにおいて、電力コストがキロワット時あたり0.01ドルに下がるならば、パワー・トゥ・ケミカルプラットフォームにおける生産コストが低くなることを示しました。

詳細については、本レポートのエグゼクティブサマリー(英文、11ページ)をダウンロードしてご確認ください。