Select your language: EN JP

水産飼料原料の代替タンパク質市場

エグゼクティブサマリー

2050年時点で水産飼料向け需要として1500万トン相当の新たなタンパク質が必要

Lux Research - Future Fish Feed Executive Summary Cover

世界の魚粉生産量は年間500万トンと堅調に推移しています。しかしながら、今後30年間で、水産養殖向けに新たに1500万トンのタンパク質が必要となります。

ラックスリサーチの新しい報告書、『Future Fish Feed: Forecasting Alternative Aqua Feed Ingredients(未来の水産飼料:新たな水産飼料向けタンパク質源市場予測)』では、魚粉の代替に向け、昆虫タンパク質、単細胞タンパク質、藻類タンパク質を評価しています。

報告書のPEST分析によると、昆虫タンパク質と単細胞タンパク質は、水産飼料の主要タンパク質源としての将来性が高いことがわかりました。単細胞タンパク質は、関連産業からの支持を受け、昆虫タンパク質よりも早期に商用化へと至り、スケール生産へとこぎつけるとラックスリサーチは予測しています。この分析ではまた、藻類タンパク質は生産コストが高く規模の経済性が低いため、水産飼料向けタンパク質源としては適していないと指摘しているものの、オメガ3脂肪酸含量を考慮すると、魚油の代替物により適しているとしています。