Select your language: EN JP

プラスチック再利用技術

インフォグラフィック

短期的には支配的となる技術は存在せず

The Future of Plastics

昨今、プラスチックの再利用へのニーズは高まっており、既存技術に加え、今後、先端技術の活用増加が予想されます。先端技術におけるアドバイザリーサービスを提供するラックスリサーチが本日発表した新しいレポートによると、どの技術が普及するかについては、地域レベルでの廃棄物ストリームおよび規制に大きく影響を受けることがわかりました。

ラックスリサーチの『The Future of Plastic Recycling(プラスチック再利用の未来)』レポートでは、4つの主要なプラスチック再利用プロセス(メカニカルリサイクル、解重合、熱分解、溶剤ベースのリサイクル)を取り上げ、各技術による再利用プロセスの経済性を左右する主な要因を取り上げ、分析しました。本インフォグラフィクでは、そのポイントを図解しています。