植物性タンパク質:現状と今後

エグゼクティブサマリー

現在は大豆の利用が中心であるもののエンドウ豆、なたね、カラス麦、その他の原料利用が今後増加する見込み

Plant Protein Present and Future - report cover image-1

2050年時点で世界人口は100億に達すると予想されており、増大するタンパク質需要に向け、植物ベースのタンパク質生産が劇的に増加しています。このような世界的なトレンドを受け、ラックスリサーチは、24種の作物の植物たんぱく質源としての魅力を評価し、新しい報告書、『Plant Proteins: Present & Future(植物性タンパク質:現状と今後)』にまとめました。

本調査実施において、ラックスリサーチでは、まず、北米、ヨーロッパ、アジア3地域において、植物たんぱく質源となりうる24種の異なる農作物の生産要素について分析を行いました。また、今後の植物性タンパク質市場をかたどる、主要なトレンドを挙げ、植物性タンパク質市場の今後についてまとめています。

エグゼクティブサマリーレポート(英文)は右のフォームよりダウンロード可能です。

Download the Executive Summary