Select your language: EN JP

プレスリリース

ラックスリサーチ、車載電池市場動向を取り上げたレポートを発表

ラックスリサーチのレポート、『Automotive Battery Tracker 2020 Edition(車載電池市場動向 2020年版)』は、世界主要市場における電気自動車の販売台数や技術別車載電池需要データなど、自動車産業の電気化がもたらすトレンドや主要OEM、サプライヤーについて重要なデータやインサイトを提供しています。

光メタマテリアル:潜在的な市場規模は500億ドルで商用化が近づく

光メタマテリアルはレンズから医療機器や軍事機器まで幅広い産業分野における利用が可能であり、スタートアップや大手企業の間で注目が集まりつつあるとラックスリサーチは指摘しています。

アパレル産業のサーキュラーエコノミー:繊維リサイクル技術動向

2030年時点で溶剤ベースの繊維リサイクル技術が広く普及する可能性は低く、繊維リサイクルの経済性確保には繊維廃棄物回収・選別インフラへの投資を並行して行うことが不可欠であるとラックスリサーチは指摘しています。

ラックスリサーチ、超高濃度塩水処理分野のイノベーション動向をまとめたレポートを発表

世界レベルで水の価格が平均5-11%上昇する中、超高濃度塩水の管理における新たなソリューションが登場しつつあり、企業レベルでも超高濃度塩水からの資源回収を前提とした場合に自社はどのような取り組みを行うべきかを問い始めるべきとラックスリサーチは指摘しています。

ラックスリサーチ、ITセクターにおけるエネルギートランジションを取り上げた レポートを発表

ラックスリサーチは、ITセクターにおける電力消費量が大手テクノロジー企業へ集中していることを考えると気候対策は比較的容易であるものの、これら企業によるエネルギートランジションへの積極関与は見られず、電力会社にとって短期的な事業機会は魅力的な電力購入契約(PPA)提供にとどまると指摘しています。

持続可能なプラスチック:世界がメカニカルリサイクリングを拡大する中、EUはケミカルリサイクリングの世界的リーダーとして台頭することに(ラックスリサーチ調べ)

ラックスリサーチは、政策やインフラ面での地域的差異が2030年時点での持続可能なプラスチック市場へと大きな影響を与えることになると指摘しています。

次の代替品市場開拓先として注目が集まる皮革製品:副産物ベース、バイオベース、リサイクルベースの代替皮革市場は2025年時点で10億ドル市場へと成長する見込み

ラックスリサーチの新しい報告書は、この分野は比較的未熟であるため、事業機会を模索し投資や提携を目指す企業には多くのオポチュニティが存在すると指摘しています。

ラックスリサーチ、デジタルヘルス分野の事業機会をまとめたレポートを発表

ラックスリサーチの新しい報告書は、ウェルネスを予防医療の一形態であると捉え、デジタル技術を活用し医療のパラダイムシフトを支援することが新たな事業機会へとつながると指摘しています。

2030年時点でプラスチック製造量の15%以上を持続可能なプラスチックが占めることに(ラックスリサーチ調べ)

ラックスリサーチの新しい報告書は、従来型および先端リサイクル技術、バイオベースのプラスチック、そして代替材料が今後どのように普及しプラスチック市場に影響を与えるのか、4つのシナリオにて向こう10年間の持続可能なプラスチック市場動向を予測しています。

バッテリー式電気自動車(BEV):収益性向上にはバッテリーの低価格化以外にも より効率的なパワートレインが極めて重要(ラックスリサーチ調べ)

ラックスリサーチは、新報告書にて、低コスト化の取り組みを受け、75kWhのバッテリー式電気自動車(BEV)の製造コストは現在の12,700ドルから2040年時点では7000ドルを下回る価格で製造される見込みであると予測しており、今後はバッテリーから最大限の走行距離を引き出すためのバッテリーパックや車両設計に今後一層重点が置かれると指摘しています。

3Dプリンター市場:2030年に510億ドルに達する見込み(ラックスリサーチ調べ)

ラックスリサーチの新報告は3Dプリンター市場は2030年に510億ドルに達する見込みであ李、当面は垂直統合型サービスを提供する企業が優位であるものの、製造業向け3Dプリンター市場の成熟は今後関連企業の事業戦略やビジネスモデルを進化させると指摘しています。

自動運転車市場:2040年時点で500億ドルの事業機会へと成長する見込み(ラックスリサーチ調べ)

ラックスリサーチの新報告は2039年までに全車がレベル2の自律性を備えると予測しており、また自動運転車市場は2040年時点で500億ドルの事業機会へと成長する見込みであると指摘しています。

ラックスリサーチ、アジアにおけるアグリフード分野のイノベーション動向を取り上げたレポートを発表

ラックスリサーチは、新しいレポートで、アジアの食品・農業イノベーションにおける主要なトレンドを概説し、食料安全保障、食の安全、透明性の確保という3つ課題へ対応すべく、どのようにイノベーションへ取り組むべきか実用的なアドバイスを提供し、また技術やソリューション開発を手がけるスタートアップ企業を取り上げました。

ラックスリサーチ、デジタル分野で注目すべきスタートアップを発表

ラックスリサーチが2020年にプロファイリングしたデジタル分野のスタートアップのうち、最も有望な技術系スタートアップ企業20社を発表しました。

ラックスリサーチ、2021年にエレクトロニクス・IT分野で注目すべき技術トップ5を発表

ラックスリサーチは、年次技術予測『Foresight 2021』にて、エレクトロニクス・IT分野で注目すべき技術トップ5を発表しました。データから価値を抽出する点が今回選ばれた5つの技術の中心となるテーマです。

ラックスリサーチ、自動車・運輸分野で注目すべき技術系スタートアップを発表

ラックスリサーチは、年次技術予測『Foresight 2021』にて、2021年に自動車・運輸分野で注目すべきスタートアップを発表しました。これら企業はラックスリサーチのアナリストが2020年にプロファイルングしたスタートアップのなかで、最も高い評価を得た企業です。

ラックスリサーチ、食品・農業分野で注目すべき技術系スタートアップを発表

ラックスリサーチは、年次技術予測『Foresight 2021』にて、2021年に食品・農業分野で注目すべきスタートアップを発表しました。これら企業はラックスリサーチのアナリストが2020年にプロファイルングしたスタートアップのなかで、最も高い評価を得た企業です。

CO₂利用: 2040年に5,500億ドルに達する見込み(ラックスリサーチ調べ)

ラックスリサーチは、最新の調査レポート、『CO₂ Capture & Utilization: The Emergence of a Carbon Economy(CO₂回収と利用:カーボンエコノミーの出現)』にて、建物、化学品、材料、燃料、食品分野におけるCO₂利用と技術動向をまとめ、市場予測を行いました。CO₂回収・利用技術は気候変動対策へ極めて重要な技術分野であり、特に建設材料セグメントでのCO₂利用が今後増加、2040年時点で同分野がCO₂利用市場の86%を占めることになります。

ラックスリサーチ、2021年に自動車・運輸分野で注目すべき技術トップ5を発表

ラックスリサーチは、年次技術予測『Foresight 2021』にて、2021年に自動車・運輸分野で注目すべき技術トップ5を発表しました。自動運転、3Dプリンター、A I搭載型センサーは自動車業界再構築の要となります。

ラックスリサーチ、2021年に食品・農業分野で注目すべき技術トップ5を発表

ラックスリサーチは、年次技術予測『Foresight 2021』にて、2021年に食品・農業分野で注目すべき技術トップ5を発表しました。代替成分やデジタル技術は食品・農業分野のディスラプションに対応していくのに不可欠な技術となります。

ラックスリサーチ、化学品・材料業界が注目すべき技術系スタートアップを発表

ラックスリサーチは、2020年にプロファイリングした化学品・材料業界のスタートアップのうち、最も有望な技術系スタートアップ企業20社を発表しました。各社とも確かな技術力を持つだけでなくバランスの取れた事業戦略を採用している点が高評価の理由です。