Select your language: EN JP

プレスリリース

2020年

2020年9月23日:ラックスリサーチ、炭素繊維強化プラスチック市場に関する調査を発表

2020年9月17日:ラックスリサーチ 、抗菌塗料イノベーション動向に関する調査を発表

2020年9月10日:ラックスリサーチ 、「2040年の化学品・材料メーカー像」をテーマとした新レポートを発表

2020年9月2日:ラックスリサーチ、中国の技術開発エコシステム動向をまとめたレポートを発表

2020年8月20日:ラックスリサーチ、COVID-19がエネルギー、アグリフード、化学品・材料、モビリティ、デジタル技術のイノベーションに与える影響をまとめたレポートを発表

2020年8月13日:ラックスリサーチ、COVID-19がエネルギー産業に与える影響をまとめたレポートを発表

2020年8月6日:ラックスリサーチ、個別化栄養に関するレポートを発表

2020年7月30日:ラックスリサーチ、運輸・ロジスティックス産業のデジタルトランスフォメーションに関する調査報告書を発表

2020年7月23日:ラックスリサーチ、化学品産業が気候変動リスク回避に向け検討すべきポイントをまとめたレポートを発表

2020年7月15日:ラックスリサーチ、スマートホームエネルギーマネジメントに関するレポートを発表

2020年7月9日:ラックスリサーチ、食品保存・保護技術に関する調査レポートを発表

2020年7月7日:ラックスリサーチ、新レポートでロボットベンダー選定のフレームワークを提示

2020年6月25日:ラックスリサーチ、量子コンピューター技術動向をまとめた新レポートを発表

2020年6月18日:ラックスリサーチ、COVID-19後の事業再開を助ける主要技術を評価

2020年6月11日:化学品・材料産業のデジタルトランスフォメーション:5,000億ドル相当のセグメントが成果重視型のビジネスモデルへ移行

2020年6月9日:電気自動車:価格は値下がりし走行距離は拡大するも、大半は依然として不採算

2020年5月28日:バイオインフォマティクス:医療を超え、農業や食品分野においても今後活用が増加

2020年5月18日:エネルギー貿易の脱炭素化:ゼロカーボン化への取り組みは5,000億ドル規模の事業機会をもたらす

2020年5月14日:デジタル治療:戦略提携の有無が事業の成功を大きく左右

2020年5月7日:繊維・アパレル産業における材料・化学品イノベーション

2020年4月30日:サプライチェーンのデジタルトランスフォメーション:統合と自律化に向けたイノベーションが活発化

2020年4月23日:植物性タンパク質:現在は大豆の利用が中心であるものの、エンドウ豆、なたね、カラス麦、その他植物タンパク質利用も今後急速に成長

2020年4月9日:ハイパーループ:技術ではなく経済性が主な課題

2020年4月7日:パワー・トゥ・ケミカル:2050年までに電力活用による製造が行われる化学品をラックスリサーチが予測

2020年4月2日:合成生物学:化学品の代替製造法としての可能性を見据え、技術イノベーションが活発化

2020年3月26日:自然言語処理:技術イノベーションに活用すべき人工知能ツール

2020年3月19日:キーワードはパーソナライゼーション:消費財市場全般においてイノベーションを推進

2020年3月15日:自動配送市場:2030年までに最大484億ドルの売上規模に達する

2020年3月3日:バイオベースの化学品:向こう10年間で最も採用可能性の高いバイオベースの中間体を発表

2020年2月27日:水産飼料原料の代替タンパク質市場:2050年時点で水産飼料向け需要として1500万トン相当の新たなタンパク質が必要

2020年2月20日:世界の蓄電池市場:2035年までに5,000億ドルに達する見込み

2020年2月18日:コネクテッドカーの進化:車内の娯楽利用を超え、次の成長機会に向けた技術イノベーションが活発化

2020年1月30日:プラスチック再利用技術:短期的には支配的技術は存在せず

 

2019年のプレスリリースはこちら