Select your language: EN JP

プレスリリース

ラックスリサーチ、食品のトレーサビリティや透明性向上における取り組みをまとめたレポートを発表

ラックスリサーチは、新しいレポート、『Demystifying Food Traceability and Transparency(食品のトレーサビリティと透明性をわかりやすく説明する)』にて、農業・食品企業のトレーサビリティと透明性向上につながるツールを導入する価値について取り上げました。

ペーシャントジャーニー:医療における新事業機会特定には医療サービス特定・利用の際に患者が抱える3つの主要な課題を理解することが不可欠

ラックスリサーチは、新しい報告書、『Seeking New Business Opportunities by Identifying Gaps in the Patient Journey(ペーシャントジャーニーにおけるギャップを特定することで新たな事業機会を見出す)』にて医療サービスのユーザーがどのようなプロセスを経て医療サービスにアクセスするのか、ペーシャントジャーニー(patient journey)を掘り下げました。

ラックスリサーチ、産業部門の脱炭素化におけるオンサイト発電の役割を取り上げたレポートを発表

ラックスリサーチは、新しい報告書、『The Future Role of On-site Power Generation(オンサイト発電の将来的な役割とは)』にて、産業界全体の脱炭素化トレンド、分散型発電増加を牽引する要因、および将来的なエネルギーシステムにおけるオンサイト発電の役割についてまとめました。

接着剤市場:メガトレンドは500億ドル市場を大きく変える(ラックスリサーチ)

ラックスリサーチの新しい報告書、『Advanced Adhesives Opportunity Forecast(接着剤におけるイノベーション機会と市場予測)』は、さまざまな接着剤分野のイノベーションにおいて市場機会やバリュープロポジションを検討し、特に今後最も有望である事業機会をまとめています。

材料分野におけるサステイナビリティ規制動向:使い捨てプラスチックの禁止やプラスチック税の採用が予測される一方で、EPR導入の広がりは限定的となる見込み(ラックスリサーチ)

ラックスリサーチの新しい報告書、『Predicting Policy for Sustainable Materials(サステイナブルな材料を取り巻く政策の今後を予測する)』は、サステイナブルな材料に関連する政策・規制で、どのようなものが採択の可能性が高いか、またそれらによってどの程度の影響がもたらされるかを評価するためのフレームワークを提供しています。

ラックスリサーチ、消費財向け包装材分野のイノベーションを取り上げたレポートを発表

ラックスリサーチの新しい報告書、『Building an Innovation Strategy For Sustainable CPG Packaging(サステイナブルな消費財向け包装材の開発に向けたイノベーション戦略)』は、消費財分野の事業環境の変化にするためにどのような形でイノベーション戦略を適応させるべきかについて取り上げました。

ラックスリサーチ、Eコマースが包装材市場に与える影響をまとめたレポートを発表

ラックスリサーチの新しい報告書、『E-commerce's Impact on CPG Packaging(Eコマースの消費材メーカーの包装材へ与える影響)』は、Eコマースが包装材市場へどのような影響をもたらすか、またどのような分野にイノベーション機会が存在するかについて取り上げています。

ラックスリサーチ、電気自動車向け高速充電とバッテリースワップの経済性を比較・評価したレポートを発表

ラックスリサーチは、新しい報告書、『Cost Comparison of Battery Swapping and Fast Charging for Electric Vehicles(電気自動車向けバッテリースワップと高速充電のコスト比較)』にて、英国と中国における電気タクシー向けバッテリースワップインフラ展開のコストを分析し、高速充電の代替手段としてバッテリースワップがどの程度有望であるかについて評価しました。

ラックスリサーチ、コンシューマー向け拡張現実(AR)の普及に向け必要となるハードウェアおよび材料分野のイノベーションを取り上げたレポートを発表

ラックスリサーチの新しい報告書、『The Hardware and Materials Innovations Enabling Consumer Augmented Reality(コンシューマー向け拡張現実を可能とするハードウェア・材料分野のイノベーション)』は、コンシューマー向けARメガネを可能にするために不可欠な材料やハードウェア分野のイノベーションを取り上げ、この分野が今後どのようなタイムラインで進化していくか、また、どの分野に最大のイノベーション機会が存在するかについてもまとめています。

ゼロカーボン時代に向けた事業戦略構築:炭素価格導入がもたらすリスクと自社のレジリエンスを評価する

ラックスリサーチは、炭素価格による経済的リスクを評価するLux Carbon Canvasフレームワークを提示し、『The Lux Carbon Canvas: 2021 Edition (ラックス・カーボン・キャンバス 2021年版)』にて、石油・ガス(18社)、公益事業(15社)、アルミニウム(5社)、セメント(8社)、肥料(9社)、鉄鋼(6社)の6産業の世界大手企業61社の炭素価格リスク分析を実施しました。

培養肉市場:8億ドルの資金が投入されたものの、規制環境の整備が市場拡大の大きな課題

ラックスリサーチは、新しいレポート、『How will Cell-Based Meat Be Regulated? An Overview of the Current Global Regulatory Landscape(培養肉はどのように今後規制されることになるのか?世界的な規制の現状と今後の展望)』にて、米国、欧州、シンガポール、イスラエル、日本、中国などの世界主要市場における培養肉規制について概説しました。

ウェアラブル向けバイオセンサー市場:2030年時点での250億ドル市場へと成長(ラックスリサーチ)

ラックスリサーチのレポート、『Emerging Biosensor Technologies: Landscape and Market Forecast(先端バイオセンサー技術:主要動向と市場予測)』は、バイオセンサー技術における主要なイノベーションを概説し、技術開発の今後の展開、克服すべき課題や事業機会について取り上げています。

1