Select your language: EN JP

プレスリリース

ラックスリサーチ、個別化栄養に関するレポートを発表

ラックスリサーチ

個別化栄養事業は大手企業の失敗例も多く、ラックスリサーチは価格(Price)、商品(Product)、人(People)、提携(Partnership)の「4Pフレームワーク」を戦略策定や再評価に用いることが、事業成功につながると指摘

マサチューセッツ州ボストン-2020年8月6日世界のヘルスケア産業は、増加する医療費の削減や慢性疾患の罹患率低減を目指し、個別化栄養に焦点を当て、多くの取り組みを行っています。ラックスリサーチは、「Finding Business Success In Personalized Nutrition(個別化栄養事業を成功に導く)」と題したレポートにて、価格(Price)、商品(Product)、人(People)、提携(Partnership)の4つのPを用いたフレームワークを発表し、個別化栄養事業を成功に導くための戦略構築の際に検討すべきポイントを紹介しています。また、このレポートでは、大手企業による個別化栄養事業の失敗例も紹介することで、成功に不可欠な要素を詳しく述べています。

New call-to-action

ラックスリサーチ 独自のアナリティクスプラットフォーム、ラックステックシグナルの分析によると、個別化栄養分野におけるイノベーションへの関心(Innovation Interest)は急速に高まっており、2017年から2019年の間に3倍以上のレベルへと達していることがわかりました。世界レベルで10億人以上の人々が食習慣が原因となる各種疾患を患っており、医療費のみでも年間1兆ドルを超える金額となります。また、COVID-19の重症度は慢性疾患と相関していることがわかってきており、今回のパンデミックからも、これらの疾患への対応が急務であることが明確になりました。

ラックスリサーチでは、多くの企業が個別化栄養事業への取り組みを高らかに謳ってきたものの、なかなか事業を前進できずにいる状況を目の当たりにしてきました。「4つのPのそれぞれにおいて継続的な価値を提供することに注力しない限り、大手企業であっても個別化栄養分野における成功は難しいということを、ラックスリサーチでは目の当たりにしてきました。なかでも、個別化栄養における成功の最大の障害の一つは、ユーザーのニーズに見合った商品に対し、その価値にふさわしい価格設定を行うことにあります」と、ラックスリサーチのアナリストで本レポートの執筆者であるThomas Hayesは、述べています。また、この栄養分野における事業経験不足を補い、自社に見合う提携先を特定しない限り、効果的なビジネスモデルを維持することは不可能です。

個別化栄養の大半は保険適用外であるため、消費者による個人負担となります。そのため、価格は強力な推進力、あるいは阻害要因になります。商品を過度に複雑にすることや、すべての顧客ニーズに適合するような一般化されたソリューションは機能しにくく、消費者が理解しやすい、シンプルな商品を提供することが消費者からの賛同を受けやすい、と、ラックスリサーチは指摘しています。価格設定や顧客に対するバリュー・プロポジションが明確な場合、はるかに成功へつながる可能性が高くなりますが、同時に、経営知識と科学的な側面を理解する強力で多様な経営陣や、適切な販売促進への取り組み、技術の研究開発、投資や提携締結を行うことが、個別化栄養事業の継続的な成功において不可欠です。

「4つのP」の枠組みを活用することで、個別化栄養事業分野における将来の事業機会や事業強化施策についても評価することも可能です。ターゲット市場にとって価格競争力があるか?費用対効果が高いか?商品は特定の問題を解決するために、特定の人口をターゲットとしているか?中核となるマネジメント・チームは適切な経験を備えているか?あるいは人材を多様化する必要性があるか?そして最後に、さらなる技術開発や販売促進には、どのような提携先が必要となるか?このようなポイントを検討することが、適切な事業強化施策の特定へとつながります。

個別化栄養ソリューションは、健康維持を望む人、既往症の管理が必要な人、あるいはその中間にある人など、多様な消費者にとって本当に有用なものとなるべく進化する必要があります。個人化栄養事業を手がける企業は、顧客がそれぞれのニーズに見合う商品やサービスを選択できるように、多面的なモデルを採用する必要があります。また、事業を成功の導くためには、企業は試験コストが下がるにつれて、消費者が支払うリテール価格を削減すべきです。「4つのP」すべてに適切に対処できるものだけが、真の成功の可能性を持っています。

詳細については、レポートのエグゼクティブサマリーをダウンロードしてご確認ください。

 

【関連リソース】

- アグリフードリサーチ 特設サイト

- プレスリリース:ラックスリサーチ、食品保存・保護技術に関する調査レポートを発表

- プレスリリース:水産飼料原料の代替タンパク質市場:2050年時点で水産飼料向け需要として1500万トン相当の新たなタンパク質が必要

- ブログ:5 Major Digital Health Trends to Impact 2020