Select your language: EN JP

プレスリリース

ラックスリサーチ、デジタル時代に石油・ガス産業を改革する4つの重要な要因を特定

ラックスリサーチ

市場の変動、新排出基準、地政学、職場の変革はハイテク化を導く

 

マサチューセッツ州ボストン-2019年10月29-ラックスリサーチは世界的な石油・ガス産業のデジタル革命をけん引する原動力について包括的な調査を実施し、新たなレポートを昨日発表しました。石油・ガス産業のデジタル革命は、業界全体におけるオペレーション効率最大化を目的としていますが、ラックスリサーチは、今回のレポートにて、このトレンドに貢献する4つの主要な要因を、職場の安全と熟練労働者退職による交替に関連する高いコスト、低炭素経済とより厳しい排出基準への移行、予測不可能な地政学的要因と結びついた世界的な需要と供給の変化であると指摘しています。

ラックスリサーチの新レポート『The Digital Transformation of Oil and Gas(石油・ガス産業のデジタルトランスフォメーション)』は、同産業のリーダー企業がこれらの課題にどのように適応しているかを分析し、このデジタルトランスフォメーションの進化と成熟が業界全体の将来にどのような意味を持つのかについて分析しています。

「石油・ガス産業の意思決定者および業界関係者が直面する課題の多くは目新しいものとは言えませんが、その背後にあるソリューションとテクノロジーは先進的です」と、ラックス・リサーチのアナリストでレポートの首席執筆者であるHarshit Sharma氏は述べています。「デジタル化が進む中、石油・ガス企業は先ほど述べたような主要な課題に対応し、新たな需要の流れに合わせてグローバル展開を進めていく中で、新種の「ハイテク」石油会社を生み出しています。また、石油・ガス業界のデジタル化は、ソフトウェア大手参入によるサービス会社のディスラプション、データマーケットプレイスの創設、事業者間のデジタル・コラボレーションの増加など、大きな変化をもたらすことが予測されます。」 

さらに、これまで大規模で急激な変化に抵抗してきた業界も、上記の4つの主要課題を受け、必然的に技術中心の未来に向かって進んでいくことになります。Sharma氏は、将来の石油会社はテクノロジー企業となるであろうと述べています。

「業界全体におけるデジタル化の拡大は、最終的には石油・ガス会社をテクノロジー企業に変えていき、石油・ガス産業を新時代へと導くことになるでしょう。このような企業がイノベーションをけん引し、より迅速で機敏な製品の投入、展開、フィードバックの取り込みを実現するでしょう。また今後サイバーセキュリティや企業全体のデータ共有もより重視されるようになります」 とSharma氏は述べています。

が歴史的に伝統を重んじてきた石油・ガス産業に対し、デジタル化がどのような再編や改革をもたらすかについては、前出のレポートのエグゼクティブサマリーをダウンロードしてご確認ください。

 

エネルギートランジション特設サイトはこちら