Select your language: EN JP

プレスリリース

テクノロジーの新たなフロンティアとは?石油・ガス産業

ラックスリサーチ

ラックスリサーチの新しいレポートは、未来の石油・ガス企業のハイテク企業化を指摘

 

マサチューセッツ州ボストン-2019年11月19-ラックスリサーチの新しいレポートによると、未来の石油・ガス企業は今日のハイテク企業に似ているとし、また多くの産業と同様に、デジタル化に適応できずにいる企業は他社に後れを取る可能性があると指摘しています。

ラックスリサーチのアナリストは、石油・ガス企業は世界経済のデジタル化を受け入れるべきである、と、『The Digital Transformation of Oil and Gas(石油・ガス産業のデジタルトランスフォメーション)』レポートにて主張しています。

「世界の石油・ガス大手企業がもしこれらの変化を受け入れず、デジタル化に伴うツールやプロセスを全社的に導入しなければ、世界的な顧客ニーズを満たすことができなるだけではなく、デジタル化に適応できた競合に市場シェアを失う可能性が非常に高くなります」と、ラックスリサーチ のアナリストでレポートの主執筆者であるHarshit Sharma氏は述べています。

絶え間なく進化するシリコンバレーと同様に、ラックスリサーチは石油・ガス産業のデジタルトランスフォメーションは急速に進むとしており、企業トップは迅速かつ効率的にデジタル化を進めていく必要があると言及しています。

「デジタル化のもたらす課題に適切に対応し、また新たに生まれる事業機会をものにしていくためには、石油・ガス企業はイノベーションのリーダーとなる必要があります。すでに同様の変化を経験した他産業のように、絶えず限界を押し進め、自社の事業を進化させ続けることができる企業が成功を収めるでしょう」、とSharma氏は述べています。

歴史的に伝統的な石油およびガス産業をデジタル化がどのように再形成し、改革していくかについての詳細は、上記レポートのエグゼクティブサマリーをご覧ください。

 

【関連リソース】

- プレスリリース: ラックスリサーチ、デジタル時代に石油・ガス産業を改革する4つの重要な要因を特定

- ケーススタディ: Client Success Story: Asian Oil and Gas Giant Develops Investment Strategy in Energy Storage (Free Download)

- レポート: 20 for 20 Report: Top 20 Transformational Technologies for 2020