Select your language: EN JP

サステイナビリティから生まれる事業機会

ラックスについて
デモをリクエストする

サステイナビリティ:バズワード?それとも戦略的プライオリティとすべき?

「サステイナビリティ」「持続可能性」という言葉が様々な場面で頻繁に使われるようになった一方で、イノベーション担当者の間では言葉ばかりが多用されることに嫌気を感じているという方も少なくありません。しかしながら、投資家、クライアント、従業員など、企業にとって重要なステークホルダーがサステイナビリティの重要性を理解し企業による対応を求めるようになっています。「サステイナビリティ」は一時的な流行ではなく、今後長期的な視点から取り組むべきトレンドであることは間違いありません。

ラックスリサーチのクライアントは、アグリフード、エネルギー、化学品・材料分野など、産業を超えて、次のような課題への対応に迫られています。

  • カーボンフットプリントを削減するには
  • 二酸化炭素削減策として自社に見合う戦略とは
  • 廃棄物の削減や再利用に何ができるのか
  • 商品やオペレーションをよりサステイナブルなものにするためにできることとは
  • クライアントのサステイナビリティ施策へどのような形で貢献することが可能か
  • サステイナビリティから生まれる新たな事業機会とは何か、またどのような形で参入可能か
 
これら課題への対応をサポートすることが、ラックスリサーチ のサステイナビリティ調査やコンサルティングの基礎となっています。

Download the Whitepaper (Japanese)

 

 

Sustainability Microsite Subscribe to our newsletter (Japanese)

 

 

Schedule Demo (Japanese)