Select your language: EN JP

持続可能なプラスチック普及へ向けたロードマップ

エグゼクティブサマリー

ラックスリサーチの新しい報告書は、今後10年間のプラスチックの持続可能性の状況を予測

Lux Research Sustainable Plastics Roadmap Executive Summary Report Image

昨今、資源の再利用をベースとするサーキュラーエコノミー(循環型経済)の考え方に注目が集まっており、プラスチックの原料としては再生可能な資源やバイオベースの資源の活用が強調されています。しかしながら、この理想主義的な未来を実現するためには、高度なリサイクル技術やバイオベースのプラスチック製造キャパシティ拡大など、新技術への大規模な投資が必要となります。

そこで、ラックスリサーチは新しい報告書、「The Sustainable Plastics Roadmap: Recycling, Bioplastics, and Alternatives(持続可能なプラスチック普及へ向けたロードマップ:リサイクル、バイオプラスチック、代替品)」にて、従来型および先端リサイクル技術、バイオベースのプラスチック、その他代替材料が今後どのように普及するのか、持続可能なプラスチック市場の今後の予測を行いました。

右のフォームを送信すると本レポートのエグゼクティブサマリーをダウンロードできます。

エグゼクティブサマリーをダウンロードする