Select your language: EN JP

2050年の食品メーカー像

エグゼクティブサマリー

パーソナライゼーション、健康管理、サステイナビリティなどのメガトレンドは食品業界の構造的変化をもたらすため、これら変化への適応の過程で、食品メーカーは農業生産における役割や消費者ニーズへの対応など、自社のアイデンティティについても再考を迫られることとなる

Lux Research The Food Company of 2050 Report Image

食品業界は全体的に成長を遂げているものの、大手食品メーカーの売上は減少傾向にあり、小規模なメーカーとの競争激化は業界大手に大きな打撃を与えています。

そこで、ラックスリサーチは、新しいレポート、『The Food Company of 2050(2050年の食品メーカー像)』にて、今後、食品業界を形作る6つのメガトレンドを取り上げ、大手食品メーカーが今後生き残っていくために向こう30年間で取り組むべき課題について取り上げました。

 

Download the Executive Summary