Select your language: EN JP

バッテリー式電池自動車の真のコストとは

エグゼクティブサマリー

ラックスリサーチは2040年時点のバッテリー式電気自動車の製造コストを予測

Lux Research Future Energy for Mobility The True Costs of Electric Vehicles report image

世界各国政府による推奨や、電気自動車の低価格化や性能の向上を受け、自動車産業は電化に向かっています。バッテリー式電気自動車(BEV)は最も有望なゼロエミッション車技術であり、自動車産業の中で急速に成長を続けています。

しかしながら、BEVは、既存の内燃エンジン(ICE)搭載車に比べ、製造コストが高止まりしているのが現状です。そこで、自動車大手は電気自動車の製造コスト削減に向け、多くの取り組みを行い、収益性向上を図っています。

そこで、ラックスリサーチは、新しいレポート、「Future Energy for Mobility: The True Costs of Electric Vehicles(モビリティ向けエネルギーの未来:電気自動車の真のコストとは)」にて、電気自動車の製造コスト削減への取り組みを分析し、2040年時点の75kWhの電気自動車の製造コストを予測しました。

右のフォームを送信すると本レポートのエグゼクティブサマリーをダウンロードできます。

エグゼクティブサマリーをダウンロードする