Boston background

弊社チームのご紹介

経営陣

Frank D. Brilliant

Frank D. Brilliant

最高経営責任者

ラックスリサーチの最高経営責任者(CEO)。企業の戦略的成長を加速するため、戦略とオペレーションを推進する責任を担っている。 製薬業界で高い信頼を得ているコマーシャルインテリジェンス&予測分析パートナー、Evaluate Ltd.で最高収益責任者として指数関数的成長を推進し、円満退職し、現在に至る。 Evaluate以前には、UpToDate/Wolters Kluwer、Arch Wireless、Forrester Researchで営業、マーケティング、製品開発事業を担当する経営幹部としての経験がある。 現在、世界規模で事業を展開する企業が、競争の激しい市場で自社の目標を達成し、目的を果たせるよう支援するため、起業家精神と25年以上にわたる経験を発揮している。プライベートエクイティ(未公開株式)、パブリックエクイティ(上場株式)、ベンチャーキャピタルから支援を受けた企業の指数関数的成長を推進してきた実績を持つ経験豊富な経営陣である。

ラックスリサーチの最高経営責任者(CEO)。企業の戦略的成長を加速するため、戦略とオペレーションを推進する責任を担っている。

製薬業界で高い信頼を得ているコマーシャルインテリジェンス&予測分析パートナー、Evaluate Ltd.で最高収益責任者として指数関数的成長を推進し、円満退職し、現在に至る。

Evaluate以前には、UpToDate/Wolters Kluwer、Arch Wireless、Forrester Researchで営業、マーケティング、製品開発事業を担当する経営幹部としての経験がある。

現在、世界規模で事業を展開する企業が、競争の激しい市場で自社の目標を達成し、目的を果たせるよう支援するため、起業家精神と25年以上にわたる経験を発揮している。プライベートエクイティ(未公開株式)、パブリックエクイティ(上場株式)、ベンチャーキャピタルから支援を受けた企業の指数関数的成長を推進してきた実績を持つ経験豊富な経営陣である。

Heidi Cullen

Heidi Cullen

カスタマーサクセス&プログラム管理部門シニアバイスプレジデント

ラックスリサーチのカスタマーサクセス&プログラム管理部門シニアバイスプレジデント。20年以上にわたり、グローバルカスタマーオペレーションの責任者として、事業規模の拡大と成長を推進し、クラス最高のサービスを提供できるよう顧客チームの発展に貢献し、顧客が自社の製品やサービスの価値を実現できるよう支援してきた経験を持つ。 ラックスリサーチ入社前は、Wolters Kluwerで16年以上経営幹部として指数関数的成長を推進し、顧客のオペレーションチームの世界規模の拡大を支援。同社退職直前には、変革事業部門のバイスプレジデントとして、大規模かつ複雑な変革のための取り組みと買収後の統合を牽引した他、グローバルカスタマーエクスペリエンス&統合サービス事業部門のバイスプレジデントとして、7億ドル以上に相当する事業を支援するためグローバルカスタマーチームの成長を支援。 Wolters Kluwer以前には、Boston Globe、New York Times、Wall Street Journalといったクライアントにコンタクトセンターサービス、流通および物流サポートを提供する大手外部委託プロバイダー、PCF, Inc.でリージョナルオペレーション部門を管理していた経験がある。また、Ascential SoftwareとArt Technology Groupでの勤務経験もある。 ノースイースタン大学で理学士号を取得。

ラックスリサーチのカスタマーサクセス&プログラム管理部門シニアバイスプレジデント。20年以上にわたり、グローバルカスタマーオペレーションの責任者として、事業規模の拡大と成長を推進し、クラス最高のサービスを提供できるよう顧客チームの発展に貢献し、顧客が自社の製品やサービスの価値を実現できるよう支援してきた経験を持つ。

ラックスリサーチ入社前は、Wolters Kluwerで16年以上経営幹部として指数関数的成長を推進し、顧客のオペレーションチームの世界規模の拡大を支援。同社退職直前には、変革事業部門のバイスプレジデントとして、大規模かつ複雑な変革のための取り組みと買収後の統合を牽引した他、グローバルカスタマーエクスペリエンス&統合サービス事業部門のバイスプレジデントとして、7億ドル以上に相当する事業を支援するためグローバルカスタマーチームの成長を支援。

Wolters Kluwer以前には、Boston Globe、New York Times、Wall Street Journalといったクライアントにコンタクトセンターサービス、流通および物流サポートを提供する大手外部委託プロバイダー、PCF, Inc.でリージョナルオペレーション部門を管理していた経験がある。また、Ascential SoftwareとArt Technology Groupでの勤務経験もある。

ノースイースタン大学で理学士号を取得。

Marisa Kopec

Marisa Kopec

最高研究責任者

ラックスリサーチの最高研究責任者。ラックスリサーチのシンジケートリサーチ、コンサルティングサービス、新製品開発、製品管理のを担っている。 30年以上の実績を持つ経験豊富な市場調査主任。Forresterでリサーチ製品管理部門のシニアバイスプレジデントを務めていた経験を持つ。2019年にForresterがSiriusDecisionsを買収後、SiriusDecisions製品ラインの販売責任者を務め、Forresterの新しい市場開拓戦略を指揮し、戦略を成功させた実績を持つ。 Forrester以前には、SiriusDecisionsで製品事業部門の主任を務めていた。また、当時リサーチとアドバイザリーを専門とするスタートアップ企業であったSiriusDecisionsを1億ドル規模の企業へと成長させた経営幹部のメンバーでもあった。同社の製品管理プロセスとガバナンスを策定、導入する責任者も務めていた。さらに、同社の知的財産の創作および提供のデジタル変革を牽引しつつ、SiriusDecisionsの製品戦略と市場開拓アーキテクチャを変革した実績も持つ。 SiriusDecisions以前にはGartnerで12年の勤務経験を持つ。同社退職時には、Gartnerのハイテク&テレコム事業部門のマネージングバイスプレジデントと製品マーケティングリーダーを兼任していた。Gartnerではグローバルマーケティングを展開し、最高プライバシー責任者としても手腕を発揮した。市場調査機関での経営者としての経験に加え、現在B2B企業で広く運用されている業界で高く評価された革新的な各種手法( SiriusDecisions PMMモデル、Messaging Nautilus、Buyer Persona Framework)の考案者としても知られている。

ラックスリサーチの最高研究責任者。ラックスリサーチのシンジケートリサーチ、コンサルティングサービス、新製品開発、製品管理のを担っている。

30年以上の実績を持つ経験豊富な市場調査主任。Forresterでリサーチ製品管理部門のシニアバイスプレジデントを務めていた経験を持つ。2019年にForresterがSiriusDecisionsを買収後、SiriusDecisions製品ラインの販売責任者を務め、Forresterの新しい市場開拓戦略を指揮し、戦略を成功させた実績を持つ。

Forrester以前には、SiriusDecisionsで製品事業部門の主任を務めていた。また、当時リサーチとアドバイザリーを専門とするスタートアップ企業であったSiriusDecisionsを1億ドル規模の企業へと成長させた経営幹部のメンバーでもあった。同社の製品管理プロセスとガバナンスを策定、導入する責任者も務めていた。さらに、同社の知的財産の創作および提供のデジタル変革を牽引しつつ、SiriusDecisionsの製品戦略と市場開拓アーキテクチャを変革した実績も持つ。

SiriusDecisions以前にはGartnerで12年の勤務経験を持つ。同社退職時には、Gartnerのハイテク&テレコム事業部門のマネージングバイスプレジデントと製品マーケティングリーダーを兼任していた。Gartnerではグローバルマーケティングを展開し、最高プライバシー責任者としても手腕を発揮した。市場調査機関での経営者としての経験に加え、現在B2B企業で広く運用されている業界で高く評価された革新的な各種手法( SiriusDecisions PMMモデル、Messaging Nautilus、Buyer Persona Framework)の考案者としても知られている。

Mark South

Mark South

最高マーケティング責任者

ラックスリサーチの最高マーケティング責任者。国内外のマーケティング&コミュニケーション部門およびラックスリサーチのコーポレートブランドの責任を担っている。 ラックスリサーチ入社前には、イギリスの大手マーケティング&コミュニケーション代理店のひとつであるturntwoを設立し、経営者としてイギリス、アメリカ、ヨーロッパ本土のプライベートエクイティ(未公開株式)業界と投資先企業にサービスを提供。turntwo在籍中には、高い信頼を得ている製薬業界のコマーシャルインテリジェンスプロバイダーであるEvaluate Ltd.や世界的に事業を展開するオルタナティブファイナンスプロバイダーであるWhite Oakなど、プライベートエクイティから支援を受けた複数の企業の暫定CMOを務めた実績を持つ。 また、世界最大の広告&コミュニケーションネットワークOgilvy & Matherで取締役会の役員および経営幹部社員を務めた経験も持つ。EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)地域で9,000万ドル規模の代理店であるOgilvyREDのリーダーを務め、OgilvyOneの戦略的サービス事業部門の指揮を執り、代理店の効率評価に関してグループ全体の責任を担っていた。Ogilvy以前には、PwC、IBM、PA Consultingでマーケティング、戦略、技術分野のシニアリーダーを務めた経験を持つ。 30か国の300社以上の企業との20年以上にわたる取引経験を発揮し、ベンチャー企業やプライベートエクイティから支援を受けた企業のマーケティング変革と成長を加速するため、独創的な考え方、データサイエンス、財務分野の優れた才能を兼ね備えている。

ラックスリサーチの最高マーケティング責任者。国内外のマーケティング&コミュニケーション部門およびラックスリサーチのコーポレートブランドの責任を担っている。

ラックスリサーチ入社前には、イギリスの大手マーケティング&コミュニケーション代理店のひとつであるturntwoを設立し、経営者としてイギリス、アメリカ、ヨーロッパ本土のプライベートエクイティ(未公開株式)業界と投資先企業にサービスを提供。turntwo在籍中には、高い信頼を得ている製薬業界のコマーシャルインテリジェンスプロバイダーであるEvaluate Ltd.や世界的に事業を展開するオルタナティブファイナンスプロバイダーであるWhite Oakなど、プライベートエクイティから支援を受けた複数の企業の暫定CMOを務めた実績を持つ。

また、世界最大の広告&コミュニケーションネットワークOgilvy & Matherで取締役会の役員および経営幹部社員を務めた経験も持つ。EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)地域で9,000万ドル規模の代理店であるOgilvyREDのリーダーを務め、OgilvyOneの戦略的サービス事業部門の指揮を執り、代理店の効率評価に関してグループ全体の責任を担っていた。Ogilvy以前には、PwC、IBM、PA Consultingでマーケティング、戦略、技術分野のシニアリーダーを務めた経験を持つ。

30か国の300社以上の企業との20年以上にわたる取引経験を発揮し、ベンチャー企業やプライベートエクイティから支援を受けた企業のマーケティング変革と成長を加速するため、独創的な考え方、データサイエンス、財務分野の優れた才能を兼ね備えている。

Scott Wilson

Scott Wilson

最高財務責任者

ラックスリサーチの最高財務責任者。プランニング&分析、経理、税務、資金、企業金融業務など、ラックスリサーチの財務部門の責任を担っている。 世界的に事業を展開する技術系の公開企業と非公開企業の両方で、15年以上にわたって財務とオペレーションに携わってきた経験を持つ。ラックスリサーチ入社前は、企業のリスク管理を専門とするSaaS企業LogicManagerで財務部門のバイスプレジデントを務めていた。LogicManagerでは、同社の指数関数的成長の実現を牽引し、同社初となる海外への事業展開を監督。LogicManager以前には、評価額10億ドル超でVista Equity Partnersに売却されたローコード開発プラットフォームQuickBaseで経理担当者を務めていた経験を持つ。QuickBase以前には、Amazon、Backstage LLC、Nuance Communicationsに勤務していた経歴を持つ。 イサカカレッジで会計学を専攻し、学資号を取得。ノースイースタン大学で会計学を専攻し、修士号を取得。マサチューセッツ州公認会計士(CPA)ライセンスを取得している。

ラックスリサーチの最高財務責任者。プランニング&分析、経理、税務、資金、企業金融業務など、ラックスリサーチの財務部門の責任を担っている。

世界的に事業を展開する技術系の公開企業と非公開企業の両方で、15年以上にわたって財務とオペレーションに携わってきた経験を持つ。ラックスリサーチ入社前は、企業のリスク管理を専門とするSaaS企業LogicManagerで財務部門のバイスプレジデントを務めていた。LogicManagerでは、同社の指数関数的成長の実現を牽引し、同社初となる海外への事業展開を監督。LogicManager以前には、評価額10億ドル超でVista Equity Partnersに売却されたローコード開発プラットフォームQuickBaseで経理担当者を務めていた経験を持つ。QuickBase以前には、Amazon、Backstage LLC、Nuance Communicationsに勤務していた経歴を持つ。

イサカカレッジで会計学を専攻し、学資号を取得。ノースイースタン大学で会計学を専攻し、修士号を取得。マサチューセッツ州公認会計士(CPA)ライセンスを取得している。

Sorry, no results found.

リサーチ・コンサルティング主任

Michael Holman

Michael Holman, Ph.D.

シニアバイスプレジデント兼グループディレクター

ラックスリサーチの製造・材料事業部門のシニアバイスプレジデント兼グループディレクター。3D印刷から先端材料、サーキュラーエコノミーまで新興技術の分野に存在する新たな商機を提案し、主に大手グローバル企業の顧客を支援しているアナリストとコンサルタントで構成されるチームの主任を務めている。 ラックスリサーチ設立直後の2005年に入社以来、リサーチ、コンサルティング、クライアントサービスの分野でさまざまな職務を経験。コロンビア大学で化学を専攻し博士号を取得。大学在学中には、コロンビアのナノスケール科学工学センター(Nanoscale Science and Engineering Center)で働いていた経験を持つ。ライス大学では化学と哲学を専攻し文学士号を取得。

ラックスリサーチの製造・材料事業部門のシニアバイスプレジデント兼グループディレクター。3D印刷から先端材料、サーキュラーエコノミーまで新興技術の分野に存在する新たな商機を提案し、主に大手グローバル企業の顧客を支援しているアナリストとコンサルタントで構成されるチームの主任を務めている。

ラックスリサーチ設立直後の2005年に入社以来、リサーチ、コンサルティング、クライアントサービスの分野でさまざまな職務を経験。コロンビア大学で化学を専攻し博士号を取得。大学在学中には、コロンビアのナノスケール科学工学センター(Nanoscale Science and Engineering Center)で働いていた経験を持つ。ライス大学では化学と哲学を専攻し文学士号を取得。

Naveen Krishnamurthy

Naveen Krishnamurthy

エグゼクティブパートナー事業部門バイスプレジデント

エグゼクティブパートナー事業部門バイスプレジデント。何十年にもわたる移行に取り組んでいる企業と多大な影響力を持つ関係を築いている。バイスプレジデントとして、ピアグループ(業界・規模が同じ競合企業群)企業の各業務の最高責任者(CXO)同士が重要な関係を築けるよう支援し、新興イノベーションのさまざまな領域を網羅するリサーチが蓄積されたラックスリサーチのリポジトリの充実化に取り組み、さまざまな業界の顧客に戦略的な成長に欠かせないことについてアドバイスを提供している。ラックスリサーチでは、これまでリサーチ、産業、コンサルティングの分野で、根強い問題に対応するための採算の合うイノベーションに携わってきた20年の経験を発揮している。最近では、三大陸の顧客の新商品のコンセプトの考案、市場浸透、取引のためのデューデリジェンスと担当業務の範囲が拡大している。 ラックスリサーチ入社前は、Kleiner Perkins Caufield & Byersが出資する廃棄物焼却発電開発企業Harvest Powerで事業開発責任者として、技術の評価、経済分析・戦略分析の作成、数件の買収案件の実行支援に従事。ラックスリサーチでコンサルティングの職務に就く前には、ベンチャー企業と買収企業がFirelake Capital、Graham Partners、Lux Capitalのために炭素市場(カーボンマーケット)、排出ガス規制、医療のIT、包装、試験&測定、食品&飲料の分野で業界を分析し、成長機会を評価し、魅力的なターゲットを特定できるよう支援した実績を持つ。AECOMで環境エンジニアとして、連邦政府関係機関や国のために、水/廃水処理の設計/計画/建設管理、固形廃棄物/有害廃棄物の管理、大気汚染管理を行ってきた経験も持つ。 ペンシルベニア大学ウォートン校でファイナンスを専攻し、Joseph Wharton奨学生としてMBAを取得。ペンシルベニア州立大学では環境エンジニアリングを専攻し理学修士号を取得。同大学在学中、高レベル放射性廃棄物の革新的な処理プロセスを開発するための米国エネルギー省出資による研究リサーチに従事。査読付き学術雑誌で数本の論文を発表した経験があり、廃棄物処理、土地・水の管理、水の再利用、企業のサステナビリティに関連するカンファレンスでの講演・司会の経験もある。ISO 14001の認定監査人。

エグゼクティブパートナー事業部門バイスプレジデント。何十年にもわたる移行に取り組んでいる企業と多大な影響力を持つ関係を築いている。バイスプレジデントとして、ピアグループ(業界・規模が同じ競合企業群)企業の各業務の最高責任者(CXO)同士が重要な関係を築けるよう支援し、新興イノベーションのさまざまな領域を網羅するリサーチが蓄積されたラックスリサーチのリポジトリの充実化に取り組み、さまざまな業界の顧客に戦略的な成長に欠かせないことについてアドバイスを提供している。ラックスリサーチでは、これまでリサーチ、産業、コンサルティングの分野で、根強い問題に対応するための採算の合うイノベーションに携わってきた20年の経験を発揮している。最近では、三大陸の顧客の新商品のコンセプトの考案、市場浸透、取引のためのデューデリジェンスと担当業務の範囲が拡大している。

ラックスリサーチ入社前は、Kleiner Perkins Caufield & Byersが出資する廃棄物焼却発電開発企業Harvest Powerで事業開発責任者として、技術の評価、経済分析・戦略分析の作成、数件の買収案件の実行支援に従事。ラックスリサーチでコンサルティングの職務に就く前には、ベンチャー企業と買収企業がFirelake Capital、Graham Partners、Lux Capitalのために炭素市場(カーボンマーケット)、排出ガス規制、医療のIT、包装、試験&測定、食品&飲料の分野で業界を分析し、成長機会を評価し、魅力的なターゲットを特定できるよう支援した実績を持つ。AECOMで環境エンジニアとして、連邦政府関係機関や国のために、水/廃水処理の設計/計画/建設管理、固形廃棄物/有害廃棄物の管理、大気汚染管理を行ってきた経験も持つ。

ペンシルベニア大学ウォートン校でファイナンスを専攻し、Joseph Wharton奨学生としてMBAを取得。ペンシルベニア州立大学では環境エンジニアリングを専攻し理学修士号を取得。同大学在学中、高レベル放射性廃棄物の革新的な処理プロセスを開発するための米国エネルギー省出資による研究リサーチに従事。査読付き学術雑誌で数本の論文を発表した経験があり、廃棄物処理、土地・水の管理、水の再利用、企業のサステナビリティに関連するカンファレンスでの講演・司会の経験もある。ISO 14001の認定監査人。

Samhitha Udupa

Samhitha Udupa

製品オペレーション事業部門バイスプレジデント

ラックスリサーチの製品オペレーション事業部門バイスプレジデント。最先端の建材、ナノマテリアルの製造工程、建材一体型太陽光発電設備、新規ドラッグデリバリー技術、ナノ触媒などの分野の技術の商品化を進めるアドバイザリープロジェクトに貢献している。ラックスリサーチでコンサルティングの仕事に就く前は、バイオサイエンスインテリジェンス部門の主力メンバーとして、バイオ燃料、バイオ材料、標的化デリバリー、合成生物学をはじめ、その他の新興バイオサイエンスの分野を対象に、広範に渡る一次リサーチと二次リサーチに従事し、チームに大きく貢献。 ペンシルベニア大学卒業後、新卒でラックスリサーチに入社。大学では慢性的な肩の痛みに苦しむ患者の回旋腱板筋の回転力と関節可動域を測定する診断機器(特許出願中)を共同設計した実績を持つ。 ペンシルベニア大学で生物工学を専攻し、理学士号を取得。

ラックスリサーチの製品オペレーション事業部門バイスプレジデント。最先端の建材、ナノマテリアルの製造工程、建材一体型太陽光発電設備、新規ドラッグデリバリー技術、ナノ触媒などの分野の技術の商品化を進めるアドバイザリープロジェクトに貢献している。ラックスリサーチでコンサルティングの仕事に就く前は、バイオサイエンスインテリジェンス部門の主力メンバーとして、バイオ燃料、バイオ材料、標的化デリバリー、合成生物学をはじめ、その他の新興バイオサイエンスの分野を対象に、広範に渡る一次リサーチと二次リサーチに従事し、チームに大きく貢献。

ペンシルベニア大学卒業後、新卒でラックスリサーチに入社。大学では慢性的な肩の痛みに苦しむ患者の回旋腱板筋の回転力と関節可動域を測定する診断機器(特許出願中)を共同設計した実績を持つ。

ペンシルベニア大学で生物工学を専攻し、理学士号を取得。

Arij van Berkel, Ph.D.

Arij van Berkel, Ph.D.

シニアバイスプレジデント兼グループディレクター

ラックスリサーチのシニアバイスプレジデント。エネルギーリサーチ担当チーム主任。チームと共に、モビリティ、住宅、産業界への急速に変化するエネルギー供給の状況について戦略的なインサイトを提供している。 ラックスリサーチ入社前は、Shellとオランダの公的研究・技術機関TNOでの勤務経験がある。Shellでは、プロセスの安全と燃焼に関する研究に従事。TNOでは、食品保存や排出量の削減、バイオマス変換などさまざまなトピックの取り組みに従事した実績がある。TNO退職時の役職は、化学品業界担当イノベーションディレクターで、TNOの化学品業界向けの全プロジェクトポートフォリオの損益責任を担い、イノベーションに関する政策についてオランダとEU政府との連絡役を務めていた。 トゥヴェンテ大学で機械工学修士号を取得。アイントホーフェン工科大学で博士号を取得。

ラックスリサーチのシニアバイスプレジデント。エネルギーリサーチ担当チーム主任。チームと共に、モビリティ、住宅、産業界への急速に変化するエネルギー供給の状況について戦略的なインサイトを提供している。

ラックスリサーチ入社前は、Shellとオランダの公的研究・技術機関TNOでの勤務経験がある。Shellでは、プロセスの安全と燃焼に関する研究に従事。TNOでは、食品保存や排出量の削減、バイオマス変換などさまざまなトピックの取り組みに従事した実績がある。TNO退職時の役職は、化学品業界担当イノベーションディレクターで、TNOの化学品業界向けの全プロジェクトポートフォリオの損益責任を担い、イノベーションに関する政策についてオランダとEU政府との連絡役を務めていた。

トゥヴェンテ大学で機械工学修士号を取得。アイントホーフェン工科大学で博士号を取得。

Sorry, no results found.
Green background for banner

ラックスのサービスの詳細をご確認ください