Select your language: EN JP

ブログ

注目すべき技術やイノベーショントレンドに関するアナリストの見解を提供

ケーススタディ:英国は広範なCCSインフラを構築しブルー水素の将来に備える

このブログ記事では、イギリスにおける産業の脱炭素化への取り組みについてビジネスインパクトをまとめました。

ケーススタディ:三銃士プロジェクトがCCSを通じてオランダ産業の脱炭素化を支援

このブログ記事では、オランダにおける産業の脱炭素化への取り組みである「三銃士プロジェクト」についてビジネスインパクトをまとめました。

表彰の弊害:ニッチなコンセプトはサーキュラーエコノミー達成には貢献できない

本ブログ記事では、2017年から2018年の間にThe Ellen MacArthur Foundation(EMF)の新プラスチック経済イノベーション賞(New Plastics Economy Innovation Prize)を受賞した企業の最新情報を提供します。

ケーススタディ:BASFはデジタル販売プラットフォームを立ち上げ、カスタマーエンゲージメントと販売の効率化を目指す

本ブログでは、化学品大手BASFによるデジタル販売プラットフォーム(DSP)活用について取り上げました。DSP導入はカスタマーエンゲージメントと販売の効率化につながり、化学品産業における導入が増加しています。

定置型燃料電池技術の開発動向分析

このブログ記事では、定置型燃料電池に関する技術開発動向や開発企業の分布状況を包括的な概観をまとめました。

COP26:グラスゴー気候合意の重要なポイントとは

このブログ記事では、2021年10月31日から11月12日にかけて英グラスゴーにて行われた国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)の重要なポイントをまとめました。

水素経済:2021年第3四半期アップデート

このブログ記事では、世界的に注目が集まる水素経済において、2021年第3四半期にどのような注目すべき動きが見られたかをまとめました。

ケーススタディ:創薬においてもAI-as-a-Serviceが活用される時期が訪れたのか?

本ブログ記事では、創薬分野におけるAI-as-a-Serviceについて取り上げました。創薬向けAIサービスは、独自の戦略を持つ大手製薬メーカーへの訴求力は低いと考えられるものの、小規模な製薬会社やバイオテクノロジー企業によるAI活用増加につながる可能性があります。

ケーススタディ:Build & Buy - マクロバイオーム事業確立に向けたCHR. HANSENの戦略

このブログ記事では、栄養・健康成分分野における主要企業であるChr. Hansenによるマイクロバイオーム事業についてまとめました。Chr. Hansenの最近の買収活動は、マイクロバイオームモジュレーション製品ポートフォリオの拡大による相乗的な成長機会模索に継続的に企業の関心が寄せられていることを示しています。

オンデマンドウェビナー:サーキュラーエコノミーにおいて現実的なアプローチを実践する

本ブログでは、2021年 10月に開催されたラックスリサーチのウェビナー、『Taking a Pragmatic Approach to the Circular Economy(サーキュラーエコノミーにおいて現実的なアプローチを実践する)』の主なポイントを紹介しています。

全固体電池技術の開発動向分析

本ブログでは、全固体電池に関する技術について包括的に状況を概観し、また、企業や地域における現在のテーマや傾向を特定するため、ラックスリサーチ独自のデータツールを用いて、特許や資金調達、地理的情報に関する分析を行いました。

ケーススタディ:Cumminsは包括的な燃料電池戦略を採用

このブログ記事では、脱炭素化への取り組みのケーススタディとしてCumminsの包括的な燃料電池戦略について取り上げ、ラックスリサーチの見解を提供しています。Cumminsの水素戦略は、買収、投資、戦略提携、社内研究開発などの要素を含め、包括的であり、PEM燃料電池による下流の水素利用から、PEM電解槽による上流の水素製造まで、垂直統合されています。

1